FC2ブログ

2016.08.18_CBトランシーバーの製作記事って?

無線
08 /18 2016
「この記事読んで実際に製作した読者って何人いたんだろ?」

お盆休みも終盤です。本棚の整理をしていたら昔の「ラジオの製作」が出てきて、久しぶりにパラパラしていると、1977年8月号に目が止まりました。


なんとCBトランシーバーの製作記事が掲載されていたのです。


「4チャンネル、出力は電波法に抵触しないほど微弱?何となくグレーな感じ・・・。製作費¥15,000って今の¥30,000ってとこかな?ちょっと小中学生にとっては手が出ないんじゃない??」


当時は市民無線も2chから8chに拡張され、メーカーからも8ch対応機が発売され始めていましたが、当時はBCLブームの真っただ中。ソニーや松下はスカイセンサー、プロシードといったラジオの広告に注力していてCBトランシーバーの広告は出していません。角田無線の広告も、少しだけ掲載されているだけでした。


さて、この製作記事。その中身はこんな感じでした。
























惜しむらくは、運用レポートが記述されていたら、もっと製作意欲がわいたかもしれませんね。

最近巷では、技適対応のトランシーバー開発が話題です。
メーカーを動かすやり方や出資を集めてコツコツ進めるやり方など様々ですが、「やってみて初めて見えてくるハードル」もあるのではないかと思います。是非そのハードルを乗り越えて良い方向に進んでもらいたいですね。

今から39年前に、こんな記事があったとはちょっと驚きでした。

筆者の方も、39年後にこの手の取り組みが再び求められる時代が来るとは、想像もしていなかったでしょうね。(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんなもんで作れるんですね...笑

No title

> かごしまGL90/1さん
こんばんは。結構シンプルですよね。まあ学研のガントラみたいなものでしょうか。

No title

こんなのあったんですね!
楽しそうです、
ラジックスのリグより
カッコいいかも~

No title

> フクオカBG37/JI6UWYさん
おはようございます。筐体のトップに操作盤があるのでソニーの昔のリグに似ていますね。
ミズホのピコシリーズのように基板は完成済み、調整済み、配線だけ必要なお手軽キットだったらハードルも高くないし楽しそうです。

No title

さわぽん様。峯松です。この製作記事を書かれた倉田さんは、私の大学時代の電気電子工学科で技師をしていらっしゃいました。電気工学の実験を担当されており、当時は大変お世話になりました。倉田さんの技術力と技術的視点には私は影響受けています。大変懐かしいです。

No title

> Fumiさん
おはようございます。何という偶然というか驚きです。ラジオの製作の電子工作記事ってどんなバックグラウンドの方が執筆されているか全く知らなかったので非常に興味深いです。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)