FC2ブログ

2016.05.08_冨田勲さん逝く

AA815を支えた愛しきリグたち
05 /08 2016
「作曲家でシンセサイザーアーティストの冨田勲(とみた・いさお)氏が5日午後2時51分、慢性心不全のため死去した。84歳だった。」

突然の訃報。

冨田勲さんの熱狂的ファンではありませんでしたが、中学生の頃に一枚のLPを買いました。

そのタイトルは「月の光」。作曲家ドビュッシーの音楽をシンセサイザーで再現したものです。


購入のお目当ては、アルバムの中の5曲目「アラベスク第1番」。

これは当時、ラジオオーストラリア日本語放送で毎週日曜の22時からの第2放送の番組の一つ「声の交換室」のテーマ曲だったからです。(月刊短波1979.06より)


流れるような音調にしびれてしまい、探しまくって買い求めたのでした。
番組自体は、リスナーが自分の声をカセットに吹き込んで放送局に送るというものでした。

YouTubeにUPされていたので、貼り付けておきます。当時のBCLなら、もしかしたら覚えていらっしゃる方がいるかもしれませんね。


今夜はこれを聞いて寝ようと思います。

合掌。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

シンセの大御所
残念ですね~
「惑星」も好きでしたが、
こちらも
名曲ですね。

No title

世界の富田!(涙

No title

> フクオカBG37/JI6UWYさん
こんばんは。「惑星」ですか、クラシック版も好きなので、今度聞いてみようと思います。

No title

> PomPom蒸気さん
ご無沙汰しております。冨田さんの音楽でシンセサイザーの存在をしりました。そのすぐ後にYMOがやってきましたが、当局的にシンセといえばやはり冨田さんなんですよね。

No title

この曲は中学生のころから大好きでした。
新日鉄アワー「音楽の森」のOPですね。
まぎれもなく富田先生はシンセの神様です。
シンセをの音を芸術にしてしまう・・・・
この時代にこれほどまで電子サウンドの美しさを追求できるなんてと。
技術的に大きく発展した現代において、近頃の音楽はひどい音をしたモノが多いです。

ちなみにYMOは、音の組み立てが素晴らしいと思います。

ワタクシ的に、富田先生やYMOを超えたミュージシャンは現れていないかな?と^^

No title

> PomPom蒸気さん
こんばんは。新日鉄アワー、日曜日の夜にニッポン放送でやっていた番組と思いきや、あれは新日鉄コンサートでした。(笑)

YMOもご無沙汰しています。子供達にも聴いてもらいたいですが、JPOPばかりで。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)