FC2ブログ

2016.02.21_PL-380改のアンテナ換装

Ultralight DX
02 /21 2016
「こんなに苦労したのに効果無しかよ~。(涙)」

ちょっと思い立って、PL-380改のアンテナ筐体のダウンサイジングを図りました。

筐体だけ換えるのはもったいないので、フェライトバーアンテナのスペース巻きにチャレンジしてみました。以前にもスペース巻きを作ってみましたが、下の写真のように間隔はバラバラ。均等な間隔で巻くのは結構難しかったです。


そこで、”綿より糸”を購入。リッツ線と一緒に巻き、最後に綿より糸を取ればきれいな間隔になるはずです。


いい感じに、巻き巻き・・・。


また、巻き数の調整が行いやすいように、ミノムシクリップを仮付け。


密着巻きとスペース巻きを交互に接続しながら、東京マーチス(1,664kHz)をチェックします。結果は、最大感度となる巻き数は、密着巻きと同じ44回でした。


その上、各周波数の受信強度は、全体的に密着巻きより2~3dBµ低いものでした。内部発信音も相変わらず聞こえます。

本当は、最大感度ポイントで「巻き数は増加、全体受信強度はアップ、内部発信音も減少」を目指したのですが、結果は”密着巻き”の勝利でした。

というわけで、既存の密着巻きフェライトバーを新しい筐体に入れて完成としました。残念な結果となりましたが、まあこれも経験です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

> Tottori U42さん
こんばんは。これからも皆様の参考となるトライ&エラーに頑張ります。(笑)期待してたのになー。

No title

ヨコハマAA815さん、
Garyさんも過去何処かで同様のチェックをされていた様な。。皆さん仰る通り、プロセスが楽しいのですよね!今後も期待しています!

No title

> かながわSC99さん
こんばんは。Garyさんもチャレンジされていたのですね。(笑)いろいろ試して、お手軽DXを広めていきたいですね。

No title

こうした試行錯誤が楽しい時間ですし、なんと言っても「瓢箪から駒」の大元ですよねぇ。

No title

> OFOさん
こんばんは。失敗の先に成功の光が見えてきたら嬉しいのですが。(笑)

No title

お久しぶりです。なおたまです。

Propagation Vol.4を拝見しました。執筆お疲れさまです。

さて、フェライトバーの外付けですが、フェライトバーって、
どこまで大きくできるんだろう、と、疑問をお持ちになられる
方もお見えになると思います。
Ultralightからは主旨が外れてしまいますが、大きくすれば
するほど、感度が上がるんだろうか、というような気持ちが
湧き上がってくるんじゃないかと思います。
当方もそんなことから、PL-505を使って、以前試したこと
がありました。

つづく

No title

結論を言いますと無理でした。強力局の前後が受信不能と
なりました。原因は、ICが目的局に同調しなくなり、強力局に
同調してしまう、いわゆる引き込み現象が発生しているためと
思われます。
では、大型のバーアンテナは使い物にならないのかといいますと、
そういうわけでもなく、少し工夫してやると、これでも受信
できるようになります。
大型バーアンテナの威力はスゴイと思います。ローカル局は
信号強度が90dB以上の表示が出てきます。

Ultralightじゃなくて「うるとらへびー」になってしまいますので、
あんまり実用的ではありませんが。

では、失礼いたします。

No title

> なおたまさん
ご無沙汰しております。
おかげさまで無事執筆も終わり、多くの皆さまに情報の展開が出来ました。改めて御礼申し上げます。

フェライトバーの長さや太さのサイズアップ化は非常に興味あります。強力局の引き込み現象の発生は困りものですが、目的周波数の近くに強力局がいない場合であれば、目的局を浮かび上がらせることができそうですね。

No title

当方のフェライトバーですが、いま寸法を測ったところ、
13本を束にして、長さが70cm強ありました。
あまり参考にはならないかもしれませんが、PL-505に
再度接続して、どの程度引き込み現象が発生するのか、
チェックしてみます。
結果が出るのが、いつになるのかわかりませんので、
ちょっと待ってくださいね。

No title

> なおたまさん
こんばんは。すごいサイズですね。長さ70センチって、180mmのを何本か継ぎ足したのでしょうか。一体化していなくても効果があるということですかね。
しかしPL-505に背負わせるのはさすがにキツそうですね。結果、楽しみにしています。

No title

すいません、ちょっと説明が悪かったですね。自作大型
フェライトバーの断面を見ると13本あります。もし
長さ100mmのフェライトバーで作ったとしますと、
7本x13本=91本
使っていることになります。ただ、一本の長さはマチマチで、
100mmや120mmが混在しています。
100mmを二本繋ぐと200mmのバーとして使うことが可能です。
特に接着する必要はなく、ある程度密着していればOKです。
ですから、折れてしまったフェライトバーでも、瞬間接着剤等で
修復可能です。
TDK等のパッチンコアを想像していただければわかりやすいですね。
ある程度密着していれば、フェライトは一体化するようです。

No title

> なおたまさん
こんにちは。情報ありがとうございます。今日のハムフェアーでもバーアンテナを展示しているブースの方がパッチンコアのフェライトを並べるだけで効果があると教えてくださいました。

No title

おはようございます。
手持ちのPL-505で遊んでいます。100mmのバーを二本繋ぎ、200mm
として、それに1mmのウレタン線を約100回スペース巻き、
400μHくらいのアンテナを作って試しました。
当方のPL-505では使用可能です。灯台放送や路側ラジオは普通に
受信できます。1700kHzは、コンディション次第ですので、
まだ受信できていません。
1575kHzのタイ送信のVOAらしき局も受信できています。
今後も、いろいろ試してみます。

No title

> なおたまさん
おはようございます。
夏の間はすっかりご無沙汰していた中波受信ですが、このようなコメントをいただくと、モチベーションが上がり有難いです。

PL-505は残念ながら所有していないのでネットで調べてみましたがコンパクトで200mmのアンテナを付けても扱いやすそうですね。

灯台放送は9月末で終了となるので、当局も1時間一本勝負でどれだけ聴こえるかチャレンジしようかと考えています。

No title

こんにちは。
やっと、それらしい物ができましたので月曜早朝の常連局である
BBC-WS OMAN中継を受信してみました。屋内で受信したために
ちょっとノイズが多かったのですが、録音をYouTubeにアップ
しておきました。興味をお持ちでしたらご覧ください。
でも、Ultralightとは全然言えません。持ち運びは不便です。

https://www.youtube.com/watch?v=PVJwgk1gRq4

No title

> なおたまさん
こんばんは。さっそく拝聴させていただきました。バッチリ録れていますね。映像の塩ビ管の中にフェライトバーがギッシリ入っているかと思うとワクワクします。(笑)ウルトラライトではないにしても、ループアンテナに比べて場所もとりませんし、何よりエナメル線というのがいいですね。また新しい受信音を楽しみにしています。

No title

おはようございます。
ご覧いただきありがとうございます。使用したエンビ管の長さは
約500mm、中のフェライトバーは360mmです。フェライトバーをスライド
することにより300μHから450μHまで可変でき感度の調整ができます。
強電界の当地(名古屋)では感度を下げて引き込み現象を軽減しています。
感度を下げたといっても夜間東京マーチスも聞えていますので、
これで十分な気もします。
リッツ線は、いろいろ考えた結果使うのをやめました。

No title

> なおたまさん
こんばんは。フェライトバーとエナメル線って密着しなくても効果があるのですね。バーをスライドさせるのも便利そうです。
東京マーチスって名古屋からも聞こえるとはびっくりです。

No title

こんばんは。
密着の必要があるかどうかも知りたくて、今回試してみました。
バーが中心にあろうと周辺にあろうとインダクタンスにほとんど
変化なしというのが今回の結果でした。
時間にもよりますが東京マーチス聞えます。逆にそちらでは、
名古屋ハーバーレーダーや伊勢湾マーチスが聞えるかもです。

No title

> なおたまさん
こんばんは。密着性ってあまり関係ないとは興味ある結果ですね。名古屋や伊勢湾マーチス、今度チャレンジしてみます。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)