FC2ブログ

2016.02.07_ELPA ER-C57WR改の感度と音質ってどうなの?

Ultralight DX
02 /07 2016
「感度・音質とも、合格かな・・・。」

「改造したらどんな感じに聞こえるようになるの??」と興味がある方も多かったと思われます。

昨日製作したELPA ER-C57WR改の受信性能と音質を調べるために、北風が吹きすさぶベランダで他のラジオと比較した時の録音です。(寒かったです。(笑))
受信する放送局は、日中に横浜市からかろうじて受信可能で、且つ高めの周波数の放送局として栃木放送を選定しました。

印象としては、
ER-C57WR改 :最も高音が効いていて了解度も良好。
PL-310 :バーアンテナが10cmなので流石に厳しいか。
PL-380改 :内部発信と思われるピーという音が残念。
ICF-SW7600GR :高すぎず、低すぎず、疲れない音質。さすがソニー。
といった感じです。

ラジオによって音作りもいろいろあることがわかりました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

RF-2200などのBCLラジオには、高音低音別々に調整できるツマミがありましたので、低音を抑えて高音を強調して聴くのが好みでした。
私はDX受信には向いていないのかも知れません(笑)。

No title

> Tottori U42さん
こんばんは。当局が使っていたスカイセンサー5900にも、高音と低音の調整つまみが独立して付いていました。つまみが定位置の時の音は当局的には低音が強すぎ、一番キンキンな音にしていました。

No title

音質で了解度も変わりますねぇ。
寒い中、お疲れさまでした! でも、実に有意義な実験でしたね。

No title

> OFOさん
こんばんは。音質に関しては皆さん興味があると思うので今回のネタになりました。動画アップの方法がなんとなくわかってきたので、今後も参考になる情報発信をしたいと思います。

No title

sw7600GR で2002年頃からBCL を始めました、まだ海外短波日本語放送が盛況で当時楽しめました。

No title

> kkllさん
初めまして。日本語放送は少なくなりましたが、意味の解らない言葉の放送でも、音楽など結構楽しめます。
ますます、家庭環境のノイズがひどくなりつつありますが、細々と楽しんでおりますので今後ともよろしくお願いいたします。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)