FC2ブログ

2016.02.06_ELPA ER-C57WR改を製作してみた。

Ultralight DX
02 /06 2016
「なんだよ、三枚おろしにしないと改造できないの?めんどくさいなあ~。」

C.Crane Skywaveってラジオをご存知でしょうか?
例のUltralight DX界ではTECSUN PL-380と並んで有名な、改造対象のお手軽ラジオです。
残念ながら日本には輸入されておらず、ネット通販で海外のお店から買うしかありません。

戸塚DXersサークルの一部の仲間は、Ultralight DXの創始者である米国シアトル在住のゲイリーさんから譲り受けたりしており、多少は日本にも上陸しているようです。これはサークルのお仲間の御本家謹製のもの。


今回、オリジナルに負けないスタイリッシュさで製作してみました。同じアングルで!


以前から当局も一度改造してみたいと思っていたところ、C.Crane Skywaveが近所のホームセンター「コーナン」にブリスターパックで売られているELPAのラジオ(ER-C57WR)とほぼ同じことを知り(マニアの間では常識?)、早速購入してきました。ボタンの数など多少違っています。


¥6,900でした。ネットだともう少し安く入手できるようです。


中身は本体と説明書だけ。電池もイヤホン、ケースもありません。(笑)


ロッドアンテナの長さは、48センチ。左からER-C57WR、PL-310、PL-380改、ICF-SW7600GR。


早速、山梨放送(765kHz)を聴き比べてみましたが、ER-C57WRはPL-310以下でした。
さて、お次は外付けバーアンテナ付きに改造です。本日用意するのはこの材料。


PL-380より筐体が小さいため、アンテナもダウンサイジングを目指しました。
前回は全て塩ビ管20φで作成しましたが、極力細くするため、配線のモールコーナーにあるパイプ(光モール社ブラック丸パイプ18 No.303)に変更しました。これの良いところは、塩ビ管より肉厚が薄く内経は大きいのでリッツ線を傷つける心配がありません。また両サイドの穴塞ぎもボルト保護キャップ(M12 557-764(株)大里)を採用。


本体を開腹するとこんな感じ。


内蔵バーアンテナは、6cmでした。(短っ!)どうりで感度が低いわけです。
「あれっ、バーアンテナのリッツ線の端子は裏っ側なの??」


めんどくさいですが、基板を剥がすためにスピーカーやら電源やらのコードを半田ごてで一度外します。はい、三枚になりました。


基板の裏面を見ると・・・。「ろうそくまみれで、なんだか汚いなあ・・・。」


「オイラの半田付け技術と大して変わらない汚さだね。(笑)」


これが、C.Crane Skywaveの基板。(写真はネットから借用)


そしてこちらがER-C57WR。


C.Crane Skywaveの方が、バーアンテナが長いのが解ります。

さて、バーアンテナを取り外します。


バーアンテナは四角い断面。


外付けバーアンテナ用のフェライトバーの仕様は前回と同じなので省略します。なお、巻き数は62回巻(想定340μH)としました。

外部アンテナからのリッツ線引き込みはストラップの穴から行いますが、とても小さいのでカッターでゴリゴリ広げます。


こんな風に配線して完成。なお、リッツ線接続は写真のように基板の表側からも可能です。


ねじ止めする前に、東京マーチス(1,664kHz)をワッチすると、きちんとキャッチしてくれました。試しに巻き数を減らしたり増やしたりしてみましたが、元の62回巻きが一番シックリするのでそのままで完成としました。

出来上がりはこんな感じ。PL-380の弟分みたいですね。


フェライトバーの長さが6cmから18cmに変更ですから、「通常の3倍ですよ!」。
さて、どれだけ聴こえるのか、これからが楽しみです。

というわけで、本日の運用結果です。

運用地:横浜市緑区ごはん塚移動(13:10~14:25)

【CB】 なごやYK221/1局 52/52 金沢区移動
【CB】 よこはまKZ123局 58/58 神奈川区キャベツ畑移動
【DCR】 あいちOT25局 2本M5/M5 埼玉県飯能市移動
【CB】 よこはまRD841局 57/55 神奈川区菅田町移動

各局さん、本日もQSOありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。
興味津々で拝見しました。
このラジオ当局もホームセンターで
見かけてことがあります。
ほとんで同じなんですね~
バーアンテナ作ってみたくなりました!(笑)
受信結果が楽しみですね。

No title

> フクオカBG37/JI6UWYさん
おはようございます。似た形で、AM、FMの2バンド仕様もありました。
受信結果はコンディション次第ですが、今のところ灯台放送も遜色なく受信出来ています。

No title

ヨコハマAA815さん、
おはようございます。いつの間に!素早いですね!Tecsunに比べデザインや操作感がいまひとつ?低音が弱い、さらにヒスノイズも若干耳触りだったりしますが、どうですか?それでも良いところは、PL-380では特に高い周波数の発信プー音の類いが気になりますがこれが皆無で、ここぞという状況では「聴き取りやすい」気がします。

No title

こんにちは。
腐食したはんだごてで製造されたのかな(笑)。
お見事な改造です。受信リポート、楽しみにしています。

No title

> かながわSC99さん
おはようございます。改造はPL-380に比べ基盤の外しが必要で面倒、リッツ線の接続端子の位置がボリュームの脇にあり物理的に干渉しやすく半田付けが難しいです。ただアンテナの調整はほとんど不要だったのでこの点は助かりました。

受信に関しては、おっしゃる通りPL-380の高い周波数での内部発信音が出ないので快適です。

一番の不満は周波数を確定してから音が出るまでのレスポンスの遅さですね。TECSUNが偉大に見えてきます。(笑)

No title

> JK1MOPさん
おはようございます。半田って腐食するのですね。確かにどす黒い印象があります。ホームセンターにぶら下がっているラジオで北米が聞こえるのか、今から楽しみです。

No title

こんにちは。
Sky Waveはフィルターが6,4,3,2,1kHzの4段階に切り替え可能です。
ER-C57WRは説明書を見た限りでは2段階のように見えますが如何でしょうか。また、音質もVoice(低音質)とNews(高音質)の2種類選択可能です。

No title

> Pacific oceanさん
ご無沙汰しております。
フィルターは2段階です。帯域はよくわかりませんが音質から想定すると、6と3kHz位だと思います。音質調整は付いていません。
TECSUNのようなソフトミュート機能は付いていないのでしょうかね。聞いていて急に音が大きくなるといった感じが全くありません。

No title

こんにちは。

バーアンテナですが、他の方のER-C57WRはブログ内写真で此方より長い(基板の年式は同じ)のが見受けられましたので、おそらく元々はCCraneSkywaveと同じ長さだと思われます。
DSPラジオですからフェライトバーの長さが足りなくても辻褄が合わせられるのかもしれません。

No title

> rxa*5kk*さん
はじめまして、こんばんは。おっしゃる通りで、発売時期によってバーアンテナの長さに違いがあるようです。ER-C57WRは初めて買ったのが6センチ、2台目は7センチでした。(笑)

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)