FC2ブログ

2015.12.28_Ultralight DXアンテナの早わかり解説?

Ultralight DX
12 /28 2015
「結局、よく解らないんだけど・・・。とりあえず聞ければ良しと言うことで・・・。」

今までいろいろ試行錯誤でフェライトバーアンテナの製作をしてきましたが、技術にお詳しい方にお話を聞くことが出来、自分なりの理解を以下に記してみます。

1. なぜ製作目標のインダクタンスが350µHなの?

PL-380固有キャパシタンスは25pF270pFと言われています。このキャパシタンスの数値とバーアンテナのインダクタンスをある式に入力すると、カバーされるに周波数範囲が算出されます。

インダクタンスを350µHとすると、カバー周波数は5171700kHzとなります。

350µHという数値は、この辺りから来ているとのことです。



2. どうも高い周波数の感度が「素」のラジオより低いのだけど?

高い周波数の感度が低いということは、カバー帯域が低すぎということ。カバー帯域を高くシフトさせればよく、それには「インダクタンスを下げる=リッツ線の巻き数を減らす」ことで可能です。

当局のPL-380350μHにしても1500kHz以上がどうも感度が低いです。でも1500kHzまでは良好に受信できているのに、なぜその上は極端に感度が低下するのか?

聞くところによると、この手のアンテナの傾向として、カバーされない周波数付近になると感度が極端に低下するようです。

3. 結局、どうすれば・・・?

測定器を持たない当局としては、手持ちのPL-310との液晶に表示される受信強度(単位:dBµ)の差を良好に受信できる放送局で調べ、その傾向を把握し、徐々に巻き数を変えてそのグラフ傾向の変化を確認し、妥当な巻き数に追い込んでみました。

【巻き数50回】
工作会・忘年会を通して64回(387µH)(←カバー帯域が低い)ということがわかりましたので、思い切って50回まで減らし、カバー帯域を高い方へシフトさせてみました。すると、ボリュームを最大にしてやっとかすかに聞こえていた1665kHz東京マーチスが、PL-310と同等に聞こえてきました。PL-380改とPL-310の受信強度の差は2dBµ。ほぼ互角。「でも改造しないラジオと同じ感度じゃあ、気分的によくないなあ・・・。」

【巻き数47回】
心配していた低い周波数はほとんと変化せず、1665kHzでは8dBµまで向上。1620kHzの路側交通情報も聞こえるようになりました。低い周波数のような10dBµ以上は欲しいところです。あともうちょっとかも・・・。

【巻き数44回】
低い周波数は若干差が減少したものの、1665kHzでは10dBµまで向上。また数値より実際の聞こえ方が改善された印象があります。

4. まとめ

3回のデータをグラフで表示するとこんな感じ。巻き数を減らすとグラフが右にシフトしていく感じです。


「これ以上調整しても大幅に改善しそうにない。」と思い、当局の追い込みはここまでで終了としました。

これらの結果から、
PL-380の固有キャパシタンスは実は個体差があるのでは?
・まずは、リッツ線250/#46(0.04 mm)10φx180mm70回巻いてみる。
・実際、そのあたりで高い周波数域もOKな場合もある。フェライトバーには個体差がある。
・今回比較対象としたPL-310のようなDSPラジオがあると便利だが、無くても他のデジタル機などで1600kHz帯が受信出来ればそれを目安に巻き数を減らしていけば、測定器が無くても追い込みが出来る。

ということがわかりました。(あくまで当局的に、です。)

5. ご注意
当局が高い周波数の感度を上げたい理由は、北米中波の1700kHzをキャッチしたいからであり、「そんなの聴かないよ。」と言う方は、70回くらいで問題ないのかもしれません。

6. ICF-SW7600GRは素晴らしい

今回、いろいろ試行錯誤してきましたが、常に7600GRとの聞き比べも行ってきました。


それを通して感じたことは、「中波の全域で高い感度を持ち合わせている」という驚き。はっきり言って、PL-380Ultralight DX用に改造しなくても、7600GRをもって出かければ、同等の受信は可能と思います。

「安いラジオで・・・。」の自己満足ですね。(笑)






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

コハマAA815さん、
先ずは試行錯誤のグラフ、お疲れ様です!高い周波数を良くするのに、若干の低い方の犠牲もある様子がよく分かります。
7600GRはメーカーの絶妙なチューニングで、それ程大きなバーアンテナでなくても、全体的に高い感度を達成していたのですね。一般的には、じゃ7600GRがいいや、ということですね。

No title

> かながわSC99さん
おはようございます。
「受信状態チェック、NG、ラジオ開腹、リッツ線(基板から切り離し、巻き数減、長さ調整、末端処理、基板へハンダ付け)ラジオ閉腹、受信状態チェック、NG・・・」流石に慣れました。(涙)

低い周波数の犠牲は、幸い感じられません。今朝04:30頃、630kHzDZMMが35dBµくらいで入感していました。

7600GRはさすがソニーです。良いのは解っているのですが、比較対象機からメイン機にならないんですよね。チューニングダイヤルとSメーターが無いのが・・・。それならTECSUN PL-660を買えっていうのは言いっこなしです。(笑)

No title

おはようございます。
改造方法を具体的にまとめていただき、非常に参考になります!

7600GRはおっしゃるとおり、高性能ですが「ポータブルラジオに付いていてほしい機能」の点で物足りないですね。ボタンによる周波数入力も数回の動作が必要で煩雑に感じます。PL-380はその点でとてもFBなポータブルラジオだと思います。

No title

> Shinさん
こんにちは。先日の忘年会ではお世話になりました。
家の大掃除の休憩中です。脚立に登って高いところをクリーニングする作業は年々辛くなってきます。怪我をしないように注意ですね。

7600GRの立ち位置は元は出張ラジオなので仕方ないですよね。UP・DN中に受信音が切れるのもいただけません。

TECSUNのチューニングダイヤルも音がブツ切れになりますね。愛好者3号は連続受信ができるのでその点でも優秀です。

No title

なるほどなるほど、過渡特性が結構急激なアンテナなんですねぇ。
それだけに、調整する面白さが有るのでは?
私も一時、中波DXにのめり込んだ時期があるのですが、受信ブースターを作った程度でした。

来年もまたヨロシクお願い致します!

No title

> OFOさん
こんにちは。えー、元中波DXerだったのですね。自作もされたとは、機会があったら当時のお話聞かせてください。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)