FC2ブログ

2015.11.08_日立のBCLラジオを使っていた人、手を挙げて~。

BCL
11 /08 2015
「今ではダイヤル萌えのマニアから高い評価を受けているけど、当時は周りで使っている人あまりいなかったなあ・・・。」

今日は、一日雨でしたね。
家族はみーんな外出。当局は親の買い物に付き合って一日が終わりました。

今日の夕食は当局の当番なので、いつものカレー。(笑)
「圧力鍋でじっくり煮込んじゃる~!」

その合間にBCLブックをパラパラしていたら、あることに気づきました。


「おおっ、背表紙だけでなく折込部も全て日立じゃん!」

表紙の折込部はサージラムKH-2100。


下半分がスピーカーのデザインはソニーのスカイセンサーシリーズに似ていますね。受信周波数も3.5MHzからと一般的。このラジオ、全く記憶にありません。

背表紙の折込部には、サージラムKH-2200。


これは有名ですね。デザインも他社と全く異なり、日立と言ったらこれを思い浮かべるくらい独自性がありますね。1.6MHzから受信出来て、「熱帯地方の局もワッチできる。」の枕詞も有名です。

背表紙は、サージラムKH-3800。


今までのデザインの延長線上にはなく、突然降臨したような印象でした。(松下のRJX-4800もそんな感じですね。)

当局の中学の同級生が導入していたのでよく覚えています。リグが届いたというので早速訪問すると、第一印象は「で、でかい!」。

当時、当局はICF-6800を導入済みでしたが、それに比べて背が高い。
驚くべきことに筐体は金属製。重厚感がありましたね。

触ってみて最初の印象は、「デジタル表示がスパッと決まらない。」ことでした。
1KHz台の表示を合わせるのが難しいというか、プロシードRF-2800のような感じですね。

その年の夏休みにその同級生の家で合同受信大会を行いました。


何を受信したか覚えていないのですが、写真バックの中学の学生帽(今は帽子は廃止)や銀河鉄道999のポスターが当時をしのばせてくれます。

BCLブックのメイン広告部分をすべて占領していた日立のBCLラジオ。
ソニーや松下に周回遅れのような製品群でしたが、そのため現在人気なのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは~
懐かしいやら...
高校の時に友人がこの2200持っていて最初COUGARだと思っていたらしく何人の友人らと爆笑した思い出が懐かしくよぎりました。

No title

ヨコハマAA815さん
サージラムKH3800は、実物を見た事がないかもです。 随分デカイですね。近所に日立と東芝の店があり、サージラムを強く薦められたのを思いだします。

No title

かごしまGL90/1局さん、こんばんは。
確かに、クーガシリーズにも似たような横長のタイプがありましたね。どちらかがリスペクト?
秋の夜長の懐かしい思い出話ですね。

No title

かながわSC99局さん、こんばんは。
KH-3800は、マイコン搭載、多くのボタン(アイコムのHF機IC-720もそうですが)で話題になりましたが、受信性能のコストパフォーマンスは高い方ではなかったようです。

No title

サージラム2200は地元の電器屋で見たことがあります。
デザインは私好みで、日立だけに気になる機だったのですが、縁はありませんでした。

No title

日立のBCLラジオは、あまり記憶にありません。 でも、確かにダイアルがカッコイイですね~
コンピューターの文字も、如何にも誇らしげです。

No title

とっとりU42局さん、こんばんは。
最寄りの西友の電気売り場に、クーガ2200とトライエックス1600は展示されていましたが、日立はありませんでした。
動画で検索すると違うブランドでも発売されていたようです。

No title

OFOさん、こんばんは。
ダイヤルのデザインひとつでラジオ全体の印象が変わりますよね。
当時のぺディの集合写真にも日立のラジオはあまり写っていませんでした。

No title

こんばんは。

ラジオではなくてごめんなさい。

日立と言えば自分は、岡田奈々ちゃんのラジカセ「パディスコ」ですね。

でも、今回アップして下さった写真もそうなんですが、ラジオにしても、ラジカセにしても、変に重圧感がありますよね、日立製は。

No title

JK1HAF局さんこんばんは。
パディスコ、ネーミングが懐かしいですね。
ラジカセ本体は当局は覚えていないのですが、ネットで岡田奈々さんがパディスコを宣伝している広告の隅っこにKH-2200が載っていたのを見たことがあります。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)