FC2ブログ

2015.08.15_花火の撮影って難しい

カメラ
08 /15 2015
「なんで、道路にダンボールの切れ端がたくさん散らかっているの?」

今日は予定通り近所で打ち上げ花火大会があり、観に行ってきました。
「一眼レフで撮影できるかな?」

ニコンD40x+安物広角ズーム+安物三脚の組み合わせ。


もちろん花火なんて撮影したことありませんのでネットで事前勉強。

「レリーズを使って、バルブ撮影か・・・。フィルム時代に買ったものがあるけど、そもそもD40xは安物なのでレリーズ使えないし。(笑)」

打ち上げは19時半くらいから開始。
「ほとんど真上だね。迫力満点!」

シャッター速度はバルブ、絞りは16くらいで。露光時間は30秒くらい?秒数より花火の回数で。たくさんの花火を映し込むとぐちゃぐちゃになりそうですので。

で、撮れたのがこれです。


何か針みたい。


風もあったので、ぶれた感じになっています。


帰宅途中の道端で拾ったダンボール。花火の破片ですね。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)