FC2ブログ

2015.06.14_Ultralight DX用外付けアンテナをまたまた改修

Ultralight DX
06 /14 2015
「気が付かなかったけど、1,000KHz以上の感度が、素のPL-310より低いじゃん・・・。」

昨晩、何の気なしに布団deワッチ中に、PL-310と感度の比較をしてみたところ、外付けアンテナの不具合に気が付きました。

先日、フェライトバーに巻き付けるリッツ線の巻き方を変えたばかりです。

2015.05.31_Ultralight DX用外付けアンテナを改修

そこで、またまた改修してみました。

今までの巻き数は94回。それを実際の放送を受信しながら巻き数を減らしてみました。
1,664KHzの海上交通情報がそん色なく聞ける巻き数は、54回でした。

本当にこれでいいのかわかりませんが、とりあえずこれで様子を見ようと思います。

リッツ線の長さが短くなるので端末処理が必要です。
このリッツ線は、0.04mmのコーティング線が250本束になったものです。
ほぐすとこんな感じ。


末端処理するには、各線のコーティングを#400程度の紙やすりで削るとのこと。戸塚DXersサークルの飲み会でいただいた処理方法。


実際やってみました。
「やすりで磨いていくと どんどん、線がちぎれていくんですけど・・・。」


あまり深追いしても仕方ないので、一気に半田付けすると、半田がはじかれてうまく乗りません。

コーナンで松ヤニ、フラックスっていうらしいのですが、これを買ってきて末端部分にペタペタ。その後、半田付け。すると、「おおっ、浸み込む浸み込む、いいね~。」


というわけで、まだまだ試行錯誤は続きそうです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)