FC2ブログ

2015.05.01_Ultralight DX用外付け同調アンテナって効果あるの?

Ultralight DX
05 /01 2015
「アンテナ作ってみたけど、実際どれくらいの効果があるのかな?」

昨日製作した外付け同調アンテナですが、きちんと性能が出ているのか、よくわかりませんでした。

そこで、ご報告です。

当局は、PL-310を一台しかもっていませんので、二台並べての比較はできません。
そのため、改造前と後に同じ時間に同じ放送局を受信してメーターの振れを比較してみました。

対象となる放送局は、なるべく弱い局がいいですね。横浜からすると、栃木放送、茨城放送などがありますが、今回選んだのは山梨放送(765KHz)です。

なお、このPL-310のSメーターは、信号強度(dBμ)、S/N比(dB)で表示されるので、その数字で比較します。

まずは、外部アンテナ製作前に13時半に受信した状況。信号強度(dBμ)、S/N比(dB)=23、01でした。


そして今日、改造済みのラジオで13時半に受信した状況。信号強度(dBμ)、S/N比(dB)=39、02でした。


大体、信号強度で13~18dB位 UPしているようで、海外のネットの情報でもそのような感じなので、まあ良しとしましょう。

他のラジオと聞き比べてみましたが、受信状況と聞きやすさの総合評価で、ICF SW-7600GR、PL-310、DE-1103でした。


昨晩は、630KHzのグアムKUAMの南国サウンドをキャッチできました。
あとは、オーストラリア4QNが聞こえてくれたら嬉しいのですが、こればかりはコンディション次第ですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)