FC2ブログ

2015.03.13_チュードル サブマリーナのオーバーホール

時計
03 /13 2015
「サブマリーナって防水時計の代名詞だけど、25年もたつとケース本体を変えないと水が入っちゃうのか・・・。」

TUDOR(チュードル)サブマリーナ ボーイズサイズ(75090)がオーバーホールから帰ってきました。


TUDORとは、ROLEXのディフュージョンブランド。セイコーにおける、ALBAみたいなもの。外側は、ROLEXと激似なのですが、中身の機械は少し安いタイプが搭載されているのが特徴です。

日本ROLEXでは正規輸入していないので、並行輸入品でしか手に入りません。しかし、メンテナンスは日本ROLEXでも受け付けてくれます。

この時計は、中古で購入したのですが、最近遅れ気味になってきたので、横浜高島屋の時計売り場にオーバーホールで持っていきました。

「話には聞いているけど、本当にTUDORを受け付けてくれるのかなあ?それより、偽物だったら笑いものだね・・・。」

受付では、「TUDORですね。時計を確認させていただきます。」とバックヤードに持っていき、しばらくすると「それでは受付表に記入願います。」 「おー、どうやら偽物ではなかったようだ・・・。」

1週間ほどで見積書が郵送で届きました。


分厚いオーバーホールの内容を紹介する小冊子も。「これは要らないからもう少し安くしてもらいたいなあ・・・。」


時計の状態の報告。「こんなに傷がついていたんだ、全然気づかなかった・・・。」


針も交換かあ。


ケースを交換しないと、防水は保証できないとのコメントも。


一番気になるのは「リューズの交換」です。今のリューズは、ROLEXの王冠マーク。

ネットで調べると交換したら下の写真のようなTUDORの盾マークに換わる噂が・・・。(写真はネットより。)


早速、TELにて高島屋に確認すると、「ROLEXに確認しましたが王冠マークだそうです。部品が無い場合はわかりません。」

¥64,000は値が張りますが、この内容で依頼しました。
その後、3週間ほどで戻ってきました。

保証書が付いてきました。


赤色のTUDORのカードでした。ちなみにROLEXは緑色のようです。


気にしていたリューズは、王冠マークの新しいリューズが付いていました。


これで当分ガシガシ使えそうです。(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)