FC2ブログ

2015.03.04_戦艦武蔵、発見される!

艦船
03 /04 2015
「あれ、菊のご紋章 落ちちゃったんだ・・・。」

太平洋戦争の中、フィリピンのシブヤン海で撃沈された戦艦武蔵を発見したと、Microsoft共同創業者ポール・アレン氏がツイッターで報告した旨のニュースが飛び込んできました。NHKニュース9でも。


戦艦武蔵は、戦艦大和の2番艦。(写真はネットより。)


戦艦大和の陰に隠れてあまり有名では無い上に、残された写真も非常に少ないのが特徴です。戦艦大和の写真を武蔵と紹介してしまい、後にお詫びしていたTVニュースも見受けられました。(写真は丸スペシャルNo.52戦艦大和・武蔵より)


戦艦武蔵については、吉村昭氏の「戦艦武蔵」が有名です。長崎の三菱造船所で建造されたため、市民から船が見えない工夫や、進水させたら対岸に津波が来たとか、少年が出来心で図面を一枚捨てたら大騒ぎになったとか、完成までの苦労を中心に構成されています。(写真はネットより。)


後に、出版された「戦史の証言者たち」。これは、吉村氏が執筆するのに関係者に取材したテープを起こしたもの。当時、戦艦武蔵の進水責任者の方の最後のコメントが印象に残っています。(写真はネットより。)


「現在のご生活は?」
「造船所も定年退職しましたが、今でも小さな造船所から頼まれて、進水をやりに出かけています。隠居仕事です。」
「進水の神様ですものね。」
「神様なんて、そんなこと。これだけしか知らんのですよ。」

さて、戦艦武蔵は、多くの魚雷を受け艦首が沈下し、この撮影の1時間半後に波間に姿を消しました。(写真は丸スペシャルNo.52戦艦大和・武蔵より)


ツイッターで紹介された写真は一番先端の部分。(写真は丸スペシャルNo.52戦艦大和・武蔵より)


これは、今回の写真。「無いじゃん、菊のご紋章がああ・・・。」(写真はネットより)


これは、東シナ海で発見された戦艦大和の船首。菊のご紋章が残っています。(写真はネットより)


戦後70年で発見された、戦艦武蔵。当時の関係者の方々も90歳代。


早く、英霊の遺品が里帰りできることを祈るばかりです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)