FC2ブログ

2014.12.06_消えていくブルートレイン

鉄道
12 /06 2014
「前夜、寝入ったときとはまったく別の風景に、だしぬけに出くわす。
寝ぼけまなこに焼き付くのは一瞬の風景、一瞬の旅情にすぎないが、それも寝台列車の旅がくれる贈り物だろう。」(2014.12.06 読売新聞 編集手帳より)
 
上野と札幌を結ぶ寝台特急「北斗星」が近く姿を消すとのこと。
ブルトレブームを経験した当局にとっては、複雑な思いです。

 
既に東海道線からは「あさかぜ」「さくら」「はやぶさ」「富士」「出雲」「銀河」などが廃止され、出社・帰宅時に目の前を走りすぎることもなくなってずいぶん経ちました。
 
品川の操車場にたくさん休んでいた青い車両たちも、今ではサンライズ系がいるだけ・・・。
 
冒頭の文章は、ブルトレの魅力を良く表していると思います。
きっと、読んだ方々も、かつて自分が乗った寝台特急の車窓が瞼に浮かんでいるのでは・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

本日は、特小/DCR QSOありがとうございました❗
ブログも楽しく閲覧してます。また宜しくお願いします!

No title

さいたまHK118局さん、こんにちは。本日は特小初QSOありがとうございました。午後になり雲が出てきて寒くなりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

No title

讀賣は編集手帳に書いたのですね。今度自宅に帰った時に読みたいと思います。次回お会いしたときには寝台特急のお話でも盛り上がりましょう!

No title

とっとりU42局さん、こんばんは。寝台特急の話、楽しみにしております。(笑)
今日は、町田で周辺各局の忘年会があり、帰りの小田急からの書き込みでした。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)