FC2ブログ

2014.10.05_歴史の中に消えた愛しき規格_第2回_110フィルム

歴史の中に消えた愛しき規格
10 /05 2014
第2回は、銀塩の「110フィルム」を取り上げます。
 
1972年にコダックが出したこの規格。(写真はネットより)

 
親が購入した物なのでどのような経緯だったのかはわかりません。
 
しかし、幼いころ母親が35mmコンパクトカメラのフィルム装填が苦手で、いつもフィルム屋さんでやってもらっていて、「そんなに難しいのかあ・・・。」と思ったことを覚えています。
 
それに引き換え、この110はカセット方式を採用し、フィルム装填はカセットをポンと入れるだけで完了という簡単さ。親は、これにひかれて購入したと思われます。
 
そのカメラは、型番は覚えていないのですが、ネットで調べた結果、キヤノンの110EDでした。(写真はネットより)

 
このカメラ、スライド式のマニュアルフォーカス(ファインダーの中にオレンジ色のフォーカスエリアがあり、二重の像をスライドボタンで一重にする)、ストロボのホットシューもついていました。上の黄色いボタンでシャッターを切るのですが、深く押し込む必要があり、手ぶれしやすかったです。
 
当局は、一眼レフに移行する中学3年生まで、撮影のメインで使っていました。
 
思い出深いのは、過去のブログでも書き散らした、虎ノ門のラジオたんぱ「ヤロウどもメロウどもoh!」の公開放送で憧れの人 大橋照子さんを撮影したことですね。

 
スタジオの周りの高校生・大学生リスナーは一眼レフに望遠レンズのなか、横長のカメラは少し恥ずかしかったです。

 
その他には、製作したプラモの写真。

 
当時始めたBCLラジオなども撮影しました。

 
これらの写真に共通するのは、画面右側が切れている点。
110カメラは、横長でファインダーは右端、レンズは中央に配置されているため、近接撮影ではどうしても右側が切れてしまうのです。(その後使った一眼レフは、ファインダーで見たのと同じ写真が撮れることに驚きました。)
 
その後、ペンタックスから110フィルムの一眼レフ「AUTO110」が発売されました。(写真はNetより)

 
何もかも小さなシステム、今見ても斬新です。上記の写真でもわかる通り、110フィルムは35mmフィルムに比べ面積が小さいので、画像が荒い宿命があるのですが、「AUTO110」の発売で現像側もまじめに取り組み始めたという話もあります。
 
その後、110フィルムは衰退し、現在ではほとんど見かけなくなりました。
カセットポン!の思想はその後、ディスクフィルム、そしてAPSに引き継がれます。しかし、いずれの規格も35mmフィルムに比べフィルムサイズが小さいため、またデジカメへの移行で消えていきました。
 
フィルムのサイズで規格の評価が決まるのは、歴史が物語っていますが、現在のデジカメでも似たようなことが起こっており、「歴史は繰り返す」ということでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ヨコハマAA815局様
ヨコハマAB884です。

110フィルム、懐かしいですね。

私も、一瞬使っていましたが、82年にモノクロフィルムがなくなってしまいましたので、オリンパス・ペンをメインに使っておりました。
学生時代に現像所でバイトをしていた時、110とハーフは、ネガの小ささから補正値の判定が難しく苦労した思い出があります。

auto110は、魅力的なカメラでしたね。
私は、オリンパス ペンFを持っていたので、手を出せませんでした。
随分前の話ですが、そのペンFを売って買ったのが、TOYOの4X5フィールドカメラで、店員に、「ハーフを売って4X5を買う人は、初めてだ」と言われたことを思い出しました。

失礼いたします。

No title

よこはまAB884局さん、こんばんは。
ネガが小さいと現像が難しい話、興味深いですし、今となっては当時を知る方の貴重な証言ですね。

オリンパスですか。当局は、親のXA2を使っていました。スライド式の卵型フォルム、フェザータッチのシャッターボタンはカッコよかったです。

No title

ヨコハマAA815局様
ヨコハマAB884です。

今のプリント機は、かなり高精度の自動補正が入っていますが、20年以上前は、簡単な補正アルゴリズムだったので、勘違いしている自動補正を手動補正するのが、オペレーターの仕事でした。

XA2懐かしいですね。
私も、XAとXA4を使ったことがありますが、フェザータッチシャッターに馴染めず、ローライ35と、京セラTscopeにしてしまいました。XA4は今になって、また欲しいカメラになっております。
ローライ35は、今でも使っています。

失礼いたします。

No title

よこはまAB884局さん、こんばんは。ローライ35って良く知らないのでネットで調べてみました。形は見たことがありました。ニコンから一時期発売されていた高級コンパクトカメラの元祖っぽいですね。

あー、何だかフィルムカメラ使いたくなってきました。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)