FC2ブログ

2014.05.06_AA815を支えた愛しきアイテムたち(ナショナル中波ループアンテナRD-9170 その2)

AA815を支えた愛しきリグたち
05 /06 2014
ネットに写真の少ないRD-9170。
 
良い機会なので、30年以上、閉まったままのダンボールから取り出して、組み立て、動作チェックまでをご紹介します。
 
梱包箱はこんな感じ。焼けちゃっています。

 
30年ぶりに、恐る恐るふたを開けると。(ドキドキ)

 
蓋に内容物が記載されています。

 
「全く記憶がない・・・。」
 
さて中身は?

 
おおっ、とりあえず全部入っているようです。コントローラーから抜かれていた単3電池は液漏れ。そのため、アンテナ支柱の足部分の塗装が腐食していました。(涙)

 
ループのコードはべたべたになっていません。

 
コントローラーは、こんな感じ。目盛りはおおざっぱ。でも別に不自由しません。

電源をスライドさせると、オレンジの表示が出てきます。(点灯ではなく、塗装部が現れるだけです。)

 
裏はこうなっています。(マジックテープ発見!)

 
天板部分がコネクター接続部。

 
低板部分は電池を入れる部分。

 
入っていたものは、全部でこんな感じです。

 
さあ、組み立てます。まずは、足元から。ビスが多いんですよね。

 
次にアンテナ部分。中心の四角い箱に4つの腕をつけます。

 
出来上がったら、支柱にアンテナの四角い箱を上から載せます。風見鶏のような感じ。指でくるくる回せます。

 
デカくなってきたので、ベランダに出します。ちなみにこれらは骨組でアンテナではありません。

 
肝心のループ線を外周に巻きます。これがアンテナ部分です。たらーんとしていますが、OK。

 
下の部分にバネが付いていて左右を繋げると、ループ線にテンションがかかりピンなります。

 
ループ線は6列のシルバーの電線です。

 
これで完成。

 
さて、動作するでしょうか。というか、針式のSメーターのラジオってどこにあるの?当局の持っているのはICF-SW7600やPL-310、ICF-SW22JEなどSメーターが液晶やLEDばかり。
 
「そうだ、あれだ!」
 
ICB-R5スカイトークがありました。でっかいSメーターがついているので、効果がよく解かるでしょう。初めてスカイトークのラジオ部分が役に立ちました。
 
早速動作チェックーーー!
今は14時なので、弱く入感する山梨放送で検証してみます。

 
まずは、スカイトークだけでの受信状態。Sメーターは殆ど触れていません。

 
次に、ループアンテナを放送局と90度の方向にして最少感度状態でチェック。(放送局は、写真正面方向)

 
コントローラーのスイッチオン!「おっ、振れているじゃん。また使えるんだ!!」

 
さて、最後は最大感度の方向にしてチェック!

 
「おおっ、すごくクリアに入感する!流石ループアンテナ!」
バッチリ、針が振れています。

 
スカイトークでKUAMが聴けるのかチェックしたのち、また押し入れにしまう予定です。
 
以下、おまけ。取扱説明書です。A3サイズなので分割して掲載します。

 

 

 

 

 

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。大変懐かしいアンテナの掲載、楽しませて頂きました。しかし本当に物持ちが素晴らしい!私は当時短波に掲載されていたループアンテナを自分で作ろうとしました。角材を使って十字に組み、ビニル線を6回巻いたまでは良かったのですが、バリコンを使ってマッチングするというやり方が良く分かりませんでした。もっと調べるなり、ミーティングでOMさんに質問するなりすれば何とかなったんでしょうが、そこまでの意欲が無かったんでしょうね。当然のこと中波DX局が受信できる訳も無く、このワールドには入り込めませんでした。
それだけに復活して屋外にループアンテナを上げ、4QN、DZMMが受信出来た時は感激しました。更にサンフランシスコのKYCYという局を受信した時は、いい年をして声を上げたものです(笑)。
30年後の今もKUAM受信に成功なさることを祈念致します。

No title

sta*ean*n*さん、こんばんは。ご覧いただきありがとうございます。

屋外ループアンテナって素晴らしいですね。部屋のなかではどうしても邪魔になります。既に子供たちから「これなに?」攻撃が。

しかし、針式のSメーター付のラジオでないと、同調させても効果が目に見えないのでつまらないですね。

数日遊んで見ようと思います。

No title

ヨコハマAA815局さん、おはようございます。物を大切になさっているのですね。素晴らしいです。帰省先で23年前の同軸を発見。保管状態が悪くひびだらけです。これを機に貴局から以前アドバイス頂いた「現在の2Dより5D位が良いのでは!」を実践いたします。ケーブルロス侮れませんからね。
かわさきHA71

No title

かわさきHA71局さん、こんばんは。モノを大切にというか捨てられないだけですね。(笑)

ケーブルのグレードアップ、いいですね。これから梅雨なので、固定運用が増えると思います。交換は、梅雨の前がよさそうですね。

No title

なんか私も記憶に残ってますね
これを真似てループアンテナを作りました。
私はジャンク品のラジオでBCLってほどではありませんが海外のラジオを聞いたりしていました。

いまさらですがお気に入り&ブログリンクさせて頂きますね。

No title

RD-9170、懐かしいですね。
昔の子供たちなら、みんなが「わー、すごい」でしょう(笑)。
私も欲しかったのですが、資金がなく買えませんでした。
私も自作ループアンテナにチャレンジしましたが、バリコンで挫折。
ロングワイヤー+RD-9810でそこそこ楽しめました。

No title

よこはまAG47局さん、こんばんは。当局は針金ハンガーを使って、変なアンテナを作ったりしていました。

やっと週末、連休明けだったので疲れました。

No title

とっとりU42局さん、こんばんは。RD-9170とか9810とか、あの番号は何か規則性があるのでしょうかね。

バリコン、今は入手困難なようですが、もう少し小さいループアンテナを作ってみたいです。

No title

涙がでるほほど懐かしい映像、ありがとうございます。
このアンテナに関しては、忘れられないエピソードがあります。
79年の3月頃、このアンテナを買い求めに、大阪日本橋の電気街に足を運びましたが、当時このアンテナが大変な品薄で、どこの店にも置いていないという状況でした。
やっと1店だけ、ショウウインドーに展示してあるお店を見つけ、最初は、展示品だから売れないと断られましたが、私は号泣して「とにかく欲しいんです、どこの店にも置いていないのです。展示品でもいいから売ってください」と店員に訴え、しぶしぶ展示品をバラして売ってもらいました。
今では、ラジコプレミアムなどという便利なもので、日本全国の大半の民放ラジオ局が良好な状態で聴けることになった反面、遠距離の放送局を苦労して受信し、受信報告書を出してベリカードを集めるというBCLの楽しみが無くなったのは、寂しい気もします。

No title

> oss*46*さん
はじめまして。貴重な思い出話、楽しく拝読させていただきました。電子ループがショウウインドウに展示されていたとは、わかっていらっしゃる店長さんですね。大量のビス外しも店長さん大変だったことでしょうね。(笑)
言われてみれば丁度その時期、地元のスーパーの家電コーナーにクーガ2200と東芝トライエックス1600が展示されていましたから、今思えばすごいブームだったのでしょう。
おっしゃる通り、ハードの面では凄く進歩しました。その代わり周りがノイズだらけで受信環境は大きく悪化しました。結局、今でも苦労しながら受信することは変わらないような気がします。
熱心ではありませんが今でもBCLを楽しんでおりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)