FC2ブログ

2019.07.27_AA815を支える愛しきリグたち(R-299)

AA815を支えた愛しきリグたち
07 /27 2019
「バックラッシュを全く感じさせないダイヤルフィーリング!基本がしっかりできている流石日本製だね!」

最近、昔のポケット短波ラジオにはまっています。
先日のソニーICR-4800に続いて、実はICR-4900Ⅱも入手したのですが、バックラッシュが多くてちょっと残念。
そして第3弾としてターゲットにしたのが松下R-299。

このポケットラジオは先代の1976年発売のR-288が非常に有名で、当局がBCLを始めた時にむさぼるように読んでいたBCLブックで存在だけは知っていました。
00120190721_0174.jpg

BCLマニュアルにも掲載されていましたね。
00120190721_0175.jpg

00120190721_0183.jpg

1985年に北朝鮮の工作員が逮捕された時に押収された中にR-288があり、R-288といえば「工作員ラジオ」の印象が刷り込まれる結果となりました。
00120190721_0178.jpg

つい最近まで、白黒写真でしか見たことが無かったのですが、お世話になっている とっとりU42局さんがこのラジオをお持ちで、カラーで認識できるようになりました。(写真はとっとりU42局さんのブログから印用)
DpdEGWeV4AEmkq_.jpg

シルバーのフェイスにブラックの周波数ダイヤル。日本短波放送推薦ラジオだけあって、各周波数の部分は緑色の印刷。精悍な感じです。

しかし、当局的には1978年にマイナーチェンジした後継機のR-299に興味がありました。
白で統一された明るいカラーリング。その中で赤く光るLEDチューニングインジケーター。
山田先生もお気に入りの一台だったそうです。
00120190721_0177.jpg

00120190721_0176_1.jpg

そんなR-299を今回箱付きで入手しました。
IMG_0921.jpg

蓋を開けるとベロのところに入っているもののリストが記載されているのは松下のお約束?
IMG_0922.jpg

ビニール製のケースも付いていますが加水分解で油がにじみ出ていてベトベト。
IMG_0924.jpg

取り扱い説明書は、1枚の両面構成。
00120190721_0182.jpg

00120190721_0181.jpg

大切に使われていたようで、本体も綺麗。ソニーの縦型ダイヤルに対して横型ダイヤルは当局にとっては少し新鮮です。
IMG_0927.jpg

直読機も好きですが、このラフに周波数が印刷されたダイヤル版の中に、数多くの放送局が詰まっていると思うと、ちょっとワクワクさせてくれて大好きです。
IMG_0932.jpg

裏面はこんな感じ。
IMG_0929.jpg

側面のスイッチ兼ボリュームはよく見る形状ですが、いただけないのがその回転方向。
IMG_0928.jpg

一般的にはダイヤルを下に回すとスイッチオン&音量増加なのですが、このラジオでは何故か逆の設定。ダイヤルを上に回すとスイッチオン&音量増加になっています。当局は未だ慣れず、操作に戸惑っています。

底の部分が電池入れ。単3x4本とちょっと多め。
IMG_0930.jpg

音は、筐体が大きいだけあって、低音が出てとてもいいです。
また厚みがあるのでソニーや近年の中華ラジオのように倒れにくく安定して設置できるのは便利です。

また、驚いたのはバックラッシュの少なさ。ダイヤルツマミと針の動きが気持ちいいくらいにシンクロしていて、チューニングもスパッと決まります。

いつか太東崎に連れていって北米中波を聞かせてやりたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

いつものところでゲットですか?

ヨコハマAA815さん、おはようございます。
コンディションが良さそうですね。
いつものところでゲットですか?
受信録音のアップを楽しみにしております。

BCL大好きオヤジさん

おはようございます。これはネットで買いました。なかなか出てきませんでしたが程度が良いものがあって良かったです。ビニールカバーは昔のスカイセンサーなどの様な段ボール素材に比べて耐久性はイマイチですね。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)