FC2ブログ

2018.09.02_アマ無線運用マニュアル新旧比較?

無線
09 /02 2018
「もっとイラストを入れてくれたら電波新聞社の雑誌って感じがするんだけどなあ・・・。」

ラジオの製作で有名な電波新聞社から、久しぶりに「アマ無線開局・運用マニュアル」なる本が出版されました。
先日のハムフェアーでも元大橋編集長がイベントで宣伝していましたね。

当局も興味があって早速購入してみました。

まだ内容は斜め読みしかしていませんが、最新のデジタル通信や新スプリアス規格のことなど、自分としても勉強になりそうな記事がたくさんありました。

本棚には昔買った1978年発売の「アマ無線運用マニュアル」がありますので、新旧を比較してみました。

表紙は、新刊はヤング層取りこみを狙ったデザイン。


裏表紙は、技術の進化が如実に表れています。


TS-520の価格を今の物価で考えると約25万くらい?


それに比べてIC-7300は14万程度なので、安く高性能なリグを作れるとは技術の進歩は凄いです。


資格を取ろうという導入部分は似たような内容。




運用の仕方も双方の会話が載っているスタイルは同じ。




50MHzAMQRP送信機の製作記事。


昔は立体実線配置図、今は部品配置図。やっぱり立体的な絵の方が見やすい?


電波障害は、昔はTVIがメイン。今は新スプリアス規格の説明に多くのページが割かれています。




開局設備購入アドバイスでは、昔は学生向けポータブル機。今はポータブル機が少ないのでオールモードモービル機などが主流。




ということで、もうお分かりだと思いますが、昔はイラストでの説明が非常に多く記憶に残りやすい構成だったと言えます。いまは、写真やデジタルイラストがメイン。
そのため、CQ出版社の雑誌と違いが見えにくいのが残念です。

費用はかかるかもしれませんが、是非イラストを復活してもらいたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。運用マニュアルの新旧比較、なかなか興味深いです。
当時は「受験マニュアル」と「運用マニュアル」に分かれていましたね。
従事者免許、特に講習会での取得は40年前当時のほうが断然大変。私は国試で取りました。
「受験マニュアル」にはお世話になりましたが、残念ながら「運用マニュアル」は持っていません。買っておけばよかった!

No title

> Tottori U42さん
こんばんは。当局は夏休みに通った講習会でした。その前段としてラジオたんぱの初級アマチュア無線講座を聴いて勉強していましたね。
この手のマニュアル、初歩のラジオの出版社からも出ていて一冊持っています。背表紙がFT-102なので1983年頃でしょうか。

No title

139800円勝負は現代の勝ち!ですがマニュアルは僕も昔に1票です(笑)!

No title

> さいたまUG100さん
おはようございます。この時代に出版する電波新聞社の意気込みには頭が下がります。だからこそ、頑張ってもらいたいですね。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)