FC2ブログ

2018.09.01_RJ-410、411がやってきた?

無線
09 /01 2018
「ガーン、また中のボールが外れたよ・・・。」

RJ-410内部のロータリースイッチの金属ボールが外れる現象が2度起こりました。

1度目は上手く治ったのですが、2度目は筐体の開腹時にチャンネルセレクタースイッチの軸を割ってしまい使い物にならない状態に。(涙)


このRJ-410は以前のハムフェアーでピカピカのものをゲットして、出張のお供に、EスポQSOに、普段の運用に大活躍だったので今回の出来事はショックでした。

先日のハムフェアーで代替えのものを探したのですが、使用感ありあリのものが15Kなど、これといったものが見つかりませんでした。

そして今日、移動運用の帰りに寄り道したハードオフ。
RJ-410、4112台で3万円だったやつ。


いつの間にか2万円に値下がっているのを発見。早速サルベージさせていただきました。

さて、ロータリースイッチの金属ボールの件を少しご紹介。
ロータリースイッチとはこういうもの。(写真はネットから借用)


ステップ機構という金属板の間に金属ボールが入っていて(下の板にボールの半分は埋まっている)、チャンネルを回転させるごとにボールが上の板の凸凹を移動していくことで「カチッ!」という感触が得られます。

そのボールが何らかの拍子で外れると、チャンネルを回転させるとスカスカ状態になります。

開腹~。


筐体の中に転がっていた金属ボール。


ロータリースイッチが中央にあります。2枚に板の間にボールがありません。




二枚の板に戻されて挟まっているボール。


ここまでは良かったのですが、問題は開腹の仕方。
通常、開腹するときは、つまみ類を外しますが、RJ-410の場合は「チャンネルスイッチ」と筐体裏にある「チャンネル表示板(デジタルっぽい数字が印刷されているあれです)」が筐体を挟んで一体になっています。これをスイッチ側(外がわ)から無理に引っ張るとプラの軸周辺が割れてしまいます。当局はこれをやってしまったのでした。

410の基板と表側の筐体は、チェンネルセレクターを外さなくても分離が可能です。

ボールが外れた原因は不明です。セレクターの棒の端部を指でカチャカチャやっていたわけでもなく軸を指で包み込むように回していても発生しましたから防ぎようがありません。

先日、発行された戸塚DXersサークルの会誌にもRJ-410の良さをアピールしたばかりだったので、再び入手できてよかったです。




ご注意:CB無線機の開腹は基本的にNGです。今回は当局の自己責任で行いました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

先ほど閉店間際に行ったところ、410/411セットが無くなっていたので、だれかが購入したのかなぁ?と思っていました。AA815さんでしたか。2万円に値下げだったのですね。サルベージおめでとうございます。

お隣のトランシーバーはいずこへ?ちょっと気になります。

スイッチ、大変参考になりました。ありがとうございます。

No title

> JK1HAF/よこはまKK727さん
こんばんは。写真右隣のICB-87Rは、既に手元にあります。(笑)
スイッチの件、お気をつけ下さい。個体差かもしれませんが。

No title

ロータリースイッチの使用頻度を考えると、不良品の可能性大ですね。
ただ、この手のスイッチ、気をつけると言っても難しいような...

No title

> Tottori U42さん
こんばんは。チャンネルセレクターは一番酷使する部分なので耐久性は高くしてもらいたいですね。不思議と同様の事例はネットでは見当たりませんでしたから、特殊事例なのかも。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)