FC2ブログ

2018.08.16_ヤビツ峠で涙の「転進」?

山岳移動
08 /16 2018
「雨雲の帯がドンドンこっちに流れてくるんですけど・・・。」

予定通り、04:45に起きて大山に出発。
少し雲はありますが青空も見えています。でもちょっと風が強い。
朝焼けも綺麗。


小田急線から見た大山。山頂付近は少し雲がかかっていますが、大丈夫でしょう。


06:30に秦野に到着。バスの時刻表を見ると、なんと今日は平日ダイヤでヤビツ峠行きの始発は8時半ごろ。(涙)

時間が持ったいないので、「ここは大人の決断で!」とタクシーで向かいました。
途中から小雨が降り始め、「どうしよう、駅に戻るか・・・。」
スマホで雨雲レーダーをチェックすると、ヤビツ峠から大山は水色。
「まずはヤビツ峠に行ってみよう!」
40分ほどでヤビツ峠に到着。


「4420円です。」
「カード使えます?」
「あー、ここ電波が悪くて・・・。」

雨は霧雨程度。
早速、登山の準備。


レインコートの準備やザックのレインカバーをかけたりしているうちに、本降りに。

待てども待てども雨は止まず。
時間が持ったいないので、ここで中波ワッチ。


でも山に囲まれたロケゆえ、横浜で聞こえた以上の成果はありませんでした。

そうこうしているうちに、始発のバスが到着。
雨の中、大勢のハイカーが降りてきます。

学生の団体、は雨の中 登山道へ消えていきました。

30代の男女のペアー。男性はウインドウブレーカーを羽織り始めます。
「えー、そんなの持っていたの。いいなあー。私は最悪レジャーシートがあるし・・・。」
「おいおい、きょうは止めておけ。(当局、心の声)」

目の前のバスを逃すと、次は15:30までありません。


雨雲レーダーを見ると、帯状の雨雲が次から次へと迫ってきそうです。


「・・・・・・・・。くうう、ここは撤収だああああ!」

すたすたとバスに乗り込みます。
先ほどの男女も諦めたようで、バスに乗ってきました。


帰りの小田急からの大山。行きに見た時より雲が多くかかっていました。


大山は秋までお預けです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

お疲れさまでした。天気には勝てませんね...快晴の日にリベンジを。
それにしても大山周辺にだけ掛かる帯状の雨雲。これさえなければ...って感じがします。

No title

> Tottori U42さん
こんばんは。まあ、大山は別名「雨降り山」と言われるくらいですから仕方ないのかもしれません。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)