FC2ブログ

2018.07.14_Blackbirdの次に期待!

無線
07 /14 2018
「いつからCB無線は、手に持たず腰を落ち着けて運用する大人のスタイルになっちゃんたんだろ??」

KANHAM2018でお披露目されましたね、Blackbird。


SR-01よりさらにコンパクトになったものの、やはり手作り感満載でハムフェアーの自作コンテストの出展作品のようです。

でも、写真を眺めていたら「次の製品は期待できるかも・・・。」という気持ちになってきました。


今回のBlackbirdの特徴項目に対し、次期製品への希望(○)は以下の通りです。

×:LEDドットマトリクスディスプレイ搭載
×:直感的なレバー操作の2VFOシステム搭載/F-RAM搭載でバックアップ電池不要
×:精密な送信パワーコントロール 50mW~500mW
○:半永久的・高信頼・静粛・高速なソリッドステート方式の送受切替
○:非接触磁気式ロータリエンコーダ搭載
×:高品質・高信頼 XLRタイプマイクコネクタ/Made in Liechtenstein(リヒテンシュタイン)
○:全てオリジナル設計の削り出し部品で実現したスマートなアンテナ機構
×:ポラリス完全オリジナルのアルミ削り出しダイヤル
○:無線機専用設計のアルミ筐体

ショルダーベルト取付も可能に!

必要最小限のスペックでかまいません。
ミズホ通信のSB-2Xくらいのサイズで、69,800円くらいの価格でしょうか。


期待して待っています。

(本記事の写真はネットからの借用です。)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)