FC2ブログ

2018.03.24_1/2000 戦艦 金剛(その3)

艦船
03 /24 2018
「日本海軍の戦艦といえば、やっぱり艦橋のごちゃごちゃ感だよなあ~。」

少しづつ建艦してきた戦艦金剛が無事竣工しました。

先日の続きから。
上甲板の塗装が終わり、乾舷の塗装後に喫水線も早めに塗っておきます。なぜなら副砲の出っ張りが邪魔になるからですね。


「(ピーーン)つ、ついにやってしまった~。」
副砲をピンセットでつまんでいたら、どこかに飛んでいってしまいました。(涙)


皆さんのブログで「部品が飛んだ」という悲劇は知っていたのですが・・・。
幸いなことに懐中電灯で床をくまなく探したら無事発見出来ました。(ヤレヤレ)

艦橋の底面にあるダボは上手く刺さらなかったり、上甲板とに隙間ができたりするのでヤスリで削り落とします。


今回は、艦橋の窓をマスキングせずに筆塗でチャレンジ。


水平マストは、ヤスリで少し細く整形。


艦橋の完成です。


リノリウムが良いアクセントになって、うーんカッコイイ!


主砲も搭載して形になってきました。


そうそう、最近、やっと自分なりの塗装スタイルが出来ました。それがこれ。瓶の上蓋をお皿代わりにして、そこにこびりついている塗料を希釈して塗装。瓶の本体はお皿をかぶせて蒸発を防ぐスタイル。


このスタイルを導入し始めて、お皿の洗浄も不要になり、部屋へのシンナー臭の拡散を最小限に抑えることが出来ました。

さて最後は後部マスト。これもヤスリで削って少し細めに。


というわけで完成です。













ガチャガチャの戦艦霧島と比叡と一緒に。


この時は、艦橋に窓を書き込みませんでしたのでノッペリ感ありあリです。




さて次は何を作りましょうか。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ヨコハマAA815さん、こんにちは。
"金剛"竣工おめでとうございます!
しかし、日本海軍の戦艦はどれもすごかったんですね。
軍国主義者ではありませんが、この戦艦の数々が残っていたらなあなんて思っちゃいます。

No title

> BCL大好きオヤジさん
こんにちは。金剛は技術導入目的でイギリスに建造してもらって、3隻の同型艦は国産しました。これがきっかけで大和まで技術進化を遂げるのですから当時の日本はたいしたものですね。

No title

こんばんは。
塗り分けが素晴らしいですね。メリハリが効いていてカッコイイです。飛んで行った部品ってどこへ行ってしまうんでしょうね?中々見つからない…。

No title

> こーいちさん
こんばんは。コメントありがとうございます。飛んで行った部品、技術があれば自作なのでしょうが、それは厳しいので床に這いつくばって探すしかなさそうです。(笑)

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)