FC2ブログ

2013.11.15_荷物車両って今もあったの?

鉄道
11 /15 2013
「えっ、えっ、何これー??都心でも荷物車両があったんだ。」
今日、仕事で上野駅に行ったところ、宇都宮線で見慣れないものが止まっていました。

外見は普通の通勤電車なのですが、車両の半分が臨時の荷物室になっているのです。残り半分は一般客が乗ることができ、荷物室との間はビニールシートで間仕切られています。

ネットで調べると沿線のキオスクに夕刊を配送するために今だこのような運用が続いているとのことです。学生の頃、千葉にいたとき京成電鉄の1両が行商車両だったのを思い出しました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

地元(宇都宮)車輌で反応しちゃいました。
荷物車まだあるんですね、初めて見ました。
確かにキオスクに配るならば、この方法に勝るのは無いですね。

No title

ミヤギKI529/1局さん、おはようございます。この運用形態はあまり知られていないらしく、回りの人も珍しがって写真を撮っていました。中距離電車ならではのメリットでしょうが、当局が利用している東海道線では難しそうです。

No title

上野駅13番線あたりにいますね。
解放されたドア、どっさりと置かれた新聞などの荷物 なんとものんびりした風情ですが今のロジスティクスとは違う昭和の人間くささを感じますね。

No title

ヨコハマAA715局さん、こんばんは。確かに昭和を感じます。車内の間仕切りにビニールテントを使っているところなんかチープさがあってグッドです。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)