FC2ブログ

2013.11.07_AA815を支えた愛しきリグたち(ICF-6800)

AA815を支えた愛しきリグたち
11 /07 2013
第二回目は、ソニーICF-6800を取り上げます。

 
当時のBCL少年の夢のラジオ「ワールドゾーンCRF-320」のエッセンスを手の届きやすい価格帯に再設計したのがこのラジオ。
 
短波と中波がデジタル直読。選局ダイヤルはバックラッシュも少なく程よい減速加減です。選択度もワイドとナローがあり、混信もスパッと切れます。中央の大型ドラムは普段はシルバーですが、夜間は内部から光りカッコイイです。あまり役立たない「メモライト」が当時のソニーには珍しく遊び心が見受けられます。

 
ラジオらしからぬデザインに一目ぼれ、毎日穴が開くほど月刊短波の広告を眺めていました。

 
そして1979年BCLを初めて半年後に無理をして買ってもらいました。昼時に家に届き、初めて聴いた局は13:00からの朝鮮中央放送日本語放送でした。使わないときはビニールカバーをかけ、ワッチしている時はいつも磨いていました。

 
夜間のワッチでは赤いデジタル表示を見つめるだけでまったりできたものです。

 
最初のうちは、日本語放送を中心に聴いていましたが、その後ループアンテナを導入したことで中波DXに傾倒していきました。きっかけは、グアムの現地向け日本語放送を行っていたKUAM(610KHz)。

 
国内局のかぶりが強くたまにしか受信できませんでしたが、べリカードをもらったり月刊短波に投稿したりとICF-6800は活躍してくれました。

 
印象に残っている局としては、北米アラスカのKJNP(1170KHz)です。学校から帰宅した17:30頃から英語が聞こえだし、運よく米国の国歌も流れてきました。中波で米国局を聴くのは不思議な感じでした。録音をしていたのでIDも確認でき、英語で受信報告書を送ったところ、A4サイズ(正確にはレターサイズ)のべリカードやタイプで打たれたレターが届き、とても嬉しかったです。

 
その後、洋上航空無線、アマチュア無線開局前にローカルのQSOをワッチして交信手順を事前勉強、近所のCB各局のワッチにと聴く対象は変化しながらも活躍してくれました。
 
その数年後、お約束のPLL不具合で数回ソニーのサービスステーションに入院します。5年ほど前、一念発起してハイソニックテクニカルさんに修理を依頼し元気になって帰ってきました。しかし、その後あまり使わず、結局押し入れへ。この度、点検で通電したところPLL不具合が再発していました。やはり寿命なのでしょう。

 
このラジオは今でも中古市場で人気と聞きます。それだけ当時のBCL少年の憧れだったのでしょう。そんなラジオを設計した当時のソニーの設計陣に感謝したいです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

出張お疲れ様でした。
このころのソニー商品は今見てもカッコイイですね。
ICF-6800 vs RF-2800の対決?も宜しく

No title

私も遅れること6年、1985年に働くようになってからAの付いたものを購入しました。
しかし、数年で手放すことに・・・持っていればよかったと今になって後悔しています。

No title

AA815局さんのコレクションは、コンディションも良いですし、その時代が今にも甦る気がします。素晴らしい、いつまでも大切にして下さい。

No title

ヨコハマAA715さん、書き込みありがとうございます。プロシード2800の記事も予定していますのでお楽しみに。

No title

とっとりU42局さん、6800Aは写真を見た限り、どこが変わったのかわかりませんでした。少し値段も上がったような・・・。中国製で形が似たようなラジオが売られていますが、やはり本家にはかないません。

No title

ヨコハマAB550局さん、リグはゴミ袋で密閉保管しているのでホコリは被らないのですが、置き場所にこまりますね。でも、親に無理言って買ってもらった思い出深いものなので、手放せません。

No title

ICF-6800A実は所有しています。当時は買えませんでしたので、今は大事にしています。切れたランプも交換したりしています。

No title

トウキョウAA909局さん、おはようございます。6800Aは、メンテでバラすのが大変なことで有名なのに凄いです。あれで27MHzを聴くとこれがいいんですよね。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)