FC2ブログ

2019.06.15_AA815を支えた愛しきリグたち(ICR-4800)

AA815を支えた愛しきリグたち
06 /15 2019
当局を支えた愛しきシリーズ、3年ぶりに帰ってきました。(笑)
(以前の記事は、画面に右側のカテゴリーを参照ください。)

さて今回取り上げるのは、ソニーのポケット短波ラジオICR-4800です。先日、中古で5000円チョイで購入しました。
IMG_1261.jpg

手元にはICF-SW20やSW22Eなどもあるのですが、この4800は初めて買ったポケット短波ラジオで思い出深いものがあり、再購入した次第です。

当局がBCLを始めた1978年当時、ソニーのポケット短波ラジオはTR-4400が発売されていました。ずんぐりとしたボディで12MHzまでカバーする仕様。その時はポケット短波ラジオへの興味はありませんでした。
1978_TR-4400.jpg

その後、中学2年生頃からラジオたんぱのヤロメロを聞き始め、外でも聞きたい思いが強くなります。しかし、TR-4400は持ち歩くには大きすぎます。横浜駅西口のダイヤモンド地下街にあった「王様のアイディア」に手のひらサイズの短波ラジオが売っていて、興味はあったのですが、本当に聞こえるのか??ということで購入には至りませんでした。(笑)

1981年のある日、本屋で買ってきた雑誌ランラジオの新製品紹介記事でソニーからポケット短波ラジオが発売されることを知ります。
00120190615_0166.jpg

00120190615_0165.jpg

早速、横浜駅西口の家電専門店「アリック日進」に出向き、カタログをもらってきました。いままでのTR-4400とは異なり、とてもスリムでこれならカバンに入れてどこへでも持ちだせそうです。15MHzまでカバーされているのも魅力的でした。
1981_ICR4800.jpg

しばらくして、お小遣いを握りしめ「アリック日進」で購入。
驚いたのは豪勢なキャリングケースです。従来のソニーのキャリングケースは黒くて分厚い段ボール芯のレザーケースが多かったのですが、今回ついていたのはスエード調でソニーのロゴが斜めにプリントされたおしゃれなものでした。
IMG_1270.jpg

IMG_1271.jpg

本体は非常に薄く、後年発売されたICF-SW20よりも薄い仕上がりとなっています。
IMG_1269.jpg

ダイヤル表示は、ICF-7600でお得意のバンドスプレッド方式により50kHzピッチで表示されています。スイッチはボディ右側の板を押すと作動する仕組みです。
IMG_1266.jpg

このラジオは外出時のお供に活躍してくれ、経年変化で周波数と針の位置がずれてくることがあっても、その度に中のコイルを調整してコンディションを維持していました。

翌年の1982年には、サイパンからの音楽専門局Kyoiが開局。ソニーはKyoiとのタイアップを大々的に進めていきます。当時様々な小冊子が作られたりキャンペーンが開催されていました。
1982_KYOI01.jpg

1982_KYOI02.jpg

1984_KYOI01.jpg

1984_KYOI02.jpg

その流れで登場したのがソニーのBCLラジオでは珍しいカラーバリエーション仕様でした。ホワイトとブルーのボディは、今でもオークションなどで見ることが出来ます。
1984_ICR-4800_1.jpg

それと並行して1983年頃にはカセットレコーダーと合体させたWA-5000が発売。
1983_WA-5000.jpg

1984年には17、21MHzとFM受信を可能にした後継機ICF-4900が登場します。
1984_ICF-4900.jpg

その頃は、高校の部活が忙しくBCLや無線から離れていたので購入はしませんでした。

次にポケット短波ラジオを購入したのは1989年。あのカセットケースサイズICF-SW20です。
IMG_1259.jpg

そのころにはICR-4800はコイルの調整のし過ぎで調子が悪くなっていたので廃棄してしまいました。今思えば、ジャンクで残しておけば良かったと後悔しています。

今回、中古で再度手に入れたICR-4800。流石にこれでラジオ日経を聞くことは無くなりましたが、操作しているとあの頃が蘇ってきてホンワカ気分にさせてくれます。
いつか太東崎についていって北米中波をキャッチさせてあげたいと考えています。
IMG_1264.jpg
スポンサーサイト

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)