FC2ブログ

2014.10.05_歴史の中に消えた愛しき規格_第2回_110フィルム

歴史の中に消えた愛しき規格
10 /05 2014
第2回は、銀塩の「110フィルム」を取り上げます。
 
1972年にコダックが出したこの規格。(写真はネットより)

 
親が購入した物なのでどのような経緯だったのかはわかりません。
 
しかし、幼いころ母親が35mmコンパクトカメラのフィルム装填が苦手で、いつもフィルム屋さんでやってもらっていて、「そんなに難しいのかあ・・・。」と思ったことを覚えています。
 
それに引き換え、この110はカセット方式を採用し、フィルム装填はカセットをポンと入れるだけで完了という簡単さ。親は、これにひかれて購入したと思われます。
 
そのカメラは、型番は覚えていないのですが、ネットで調べた結果、キヤノンの110EDでした。(写真はネットより)

 
このカメラ、スライド式のマニュアルフォーカス(ファインダーの中にオレンジ色のフォーカスエリアがあり、二重の像をスライドボタンで一重にする)、ストロボのホットシューもついていました。上の黄色いボタンでシャッターを切るのですが、深く押し込む必要があり、手ぶれしやすかったです。
 
当局は、一眼レフに移行する中学3年生まで、撮影のメインで使っていました。
 
思い出深いのは、過去のブログでも書き散らした、虎ノ門のラジオたんぱ「ヤロウどもメロウどもoh!」の公開放送で憧れの人 大橋照子さんを撮影したことですね。

 
スタジオの周りの高校生・大学生リスナーは一眼レフに望遠レンズのなか、横長のカメラは少し恥ずかしかったです。

 
その他には、製作したプラモの写真。

 
当時始めたBCLラジオなども撮影しました。

 
これらの写真に共通するのは、画面右側が切れている点。
110カメラは、横長でファインダーは右端、レンズは中央に配置されているため、近接撮影ではどうしても右側が切れてしまうのです。(その後使った一眼レフは、ファインダーで見たのと同じ写真が撮れることに驚きました。)
 
その後、ペンタックスから110フィルムの一眼レフ「AUTO110」が発売されました。(写真はNetより)

 
何もかも小さなシステム、今見ても斬新です。上記の写真でもわかる通り、110フィルムは35mmフィルムに比べ面積が小さいので、画像が荒い宿命があるのですが、「AUTO110」の発売で現像側もまじめに取り組み始めたという話もあります。
 
その後、110フィルムは衰退し、現在ではほとんど見かけなくなりました。
カセットポン!の思想はその後、ディスクフィルム、そしてAPSに引き継がれます。しかし、いずれの規格も35mmフィルムに比べフィルムサイズが小さいため、またデジカメへの移行で消えていきました。
 
フィルムのサイズで規格の評価が決まるのは、歴史が物語っていますが、現在のデジカメでも似たようなことが起こっており、「歴史は繰り返す」ということでしょうか。
スポンサーサイト

2014.09.28_歴史の中に消えた愛しき規格_第1回_ベータマックス

歴史の中に消えた愛しき規格
09 /28 2014
「おー、ベータじゃん。久しぶりに見たなー。」
 
今後、数回にわたり当局における幾つかの「歴史の中に消えた愛しき規格」について、当時の思い出とともに書いていきたいと思います。
 
第1回は、おなじみの「ベータマックス」を取り上げます。今日、別件で中古家電屋さんを訪れた際、こんなものを見つけました。

 
SL-HF900ベータHiFiのデッキです。使ったことはないのですが、このカチッとしたデザイン、好きですね。

 
当局の家にビデオデッキが来たのは、高校生の時。当時、ビデオの方式は、ソニー陣営のベータマックス方式とビクター陣営のVHS方式の2つがありました。
 
ベータマックスはVHSに比べテープの小さく、当時画質も良いと評判がありましたが、そんなことよりソニーファンとしては、ベータを選択するのは自然な流れでした。
 
導入したのはSL-J30。初めての音声多重/ステレオ録音仕様でした。

 
初めて聞く音声多重。水曜ロードショーなどで英語で聞くと、「この俳優の声ってこんななんだ!」と吹き替えとの差に驚いたものです。
 
導入直後、スターウォーズが初TV放送がありました。

 
レイア姫の吹き替え役が大場久美子さんで、普段は21時からの放送が、当日は20時からの拡大版。と言っても、最初の30分は大場さんへのインタビューなどで「早く始めてよー」って文句たらたらだった思い出があります。
 
本編は、2時間強。2時間テープを長時間モードで3時間録画で対応させました。それまでは、映画館で1回観ただけの記憶しかなかったので、何度も繰り返して観れる喜びに浸っていました。
 
VHS方式の友人は、2時間テープを3倍速で録画するしかなく、画質が極端に落ちて泣いていました。心の中で呟きました。「やっぱ、ベータでしょ!」
 
テープも高価でした。ディスカウントショップでは、VHSとベータ両方を販売していました。

 
当局が好んで使っていたのは、美少女ブームを巻き起こした後藤久美子さんを起用していたスコッチとTDKでした。

 
しかし、そのうちレンタルビデオ(特にアダルトビデオ)を通してVHS方式が主流になっていきます。
 
ある日の朝刊に、「ベータって無くなるの?」の広告が出たときは安心するよりも、悪あがきにしか感じられませんでした。

 
その後、ソニーはVHS方式のビデオデッキも発売するようになり、また、高画質なEDベータ方式も発売されましたが、もはや一部のマニア向けでしかなく、形勢の逆転にはなりませんでした。

 
カタログのラインナップも徐々に少なっていきます。

 
その頃、8mmビデオに高画質版Hi8が登場し、浅野温子さんが宣伝するパスポートサイズのビデオカメラを購入。当局のビデオライフはベータから8mmへ移行していきました。

 
撮りためたベータのテープは一部を8mmにダビングしたものの、ほとんどは廃棄してしまいました。
 
これは当局が持っている最終期のカタログ。デザインも、以前のようなカセットデッキからの発展型ではなく、何かの箱みたいな感じで魅力も感じません。

 
ベータの失敗により、ソニーはソフト分野に注力していきますが、今からするとその時から製品造りにカチッとしてスタイリッシュなソニーらしさがスポイルしていったような気がします。
 
いまでは、シリコンメモリーで録画できる時代になり、とても便利になったビデオライフ。これ以上、規格が変わってしまうと、子供たちを録画した映像が再生できなくなるのではと心配です。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)