FC2ブログ

2018.11.25_やっぱりピックアップトラックはクールだね!

11 /25 2018
「うぉおお、ダッジのラムじゃん。カッコイー!」

ランチの帰りにコストコで買い物。
駐車場で、黄色のものすごくデカイ、ピックアップトラックを発見。

ダッジのラムでした。
トヨタのタンドラとかタコマもカッコイイですが、当局的に一番のお気に入りはラム!



乗ってみたいですが、車体が大きすぎて地元の細い道では曲がれないでしょう。(笑)
スポンサーサイト



2017.02.03_キャノピー付けた車に憧れた。

02 /03 2017
「日産エクサのキャノピーって日本じゃウケなかったなあ・・・。」

昨日に引き続き車の話題です。
アメリカ在住時、ピックアップトラックにあこがれていた当局ですが、是非やりたかったのは後ろの荷台に「キャノピー」を載せてワゴンみたいなスタイルで乗り回すことでした。


このキャノピーはFRPのようなプラスチック製で、サードパーティから発売されてい様です。

アメリカのピックアップトラックの多くは、キャノピーを載せていて「それならハイラックスサーフみたいな元々屋根がついているトラックに乗ればいいのでは?」と言われそうですが、いやいやこの安っぽさがいいんですね。

トイストーリーに出てくるピザ屋のトヨタ製トラックもキャノピー付きでしたね。


このキャノピーで思いだすの以前日産から発売されていたパルサー系のエクサ。


後ろのリアウインドウからトランク部分を取り外し、キャノピーに着せ替えられる斬新なアイディアのクルマで、当時カッコイイ!と思わせてくれました。これもアメリカの文化を取り入れたのだと後になってわかった気がしました。

こんなキャノピー好きの当局が好きなもう一台。
キャノピーではないですが、ホンダアコードエアロデッキです。このスタイリングも最高です。


(記事内の写真はネットからの借用です。)

2017.02.02_逆輸入車に乗ってみたい。

02 /02 2017
「そんなにアメリカのクルマを日本に輸出したいのなら、米国産の日本メーカー車だったら売れるんじゃないの?」

毎日、新聞やラジオでトランプさんのわがまま放題の発言が取り上げられていますね。

もっとアメ車を日本で売れるようにしろ!と言われていますが、アメ車のサイズでは大きすぎてスーパーの駐車場に置けないですよね。よく優先駐車スペースに止めているアメ車を見かけますが、あれはイメージダウンです。(笑)

当局がアメリカに住んでいた時、とてもあこがれていたのはダッジのRAM。ピックアップトラックです。


4ドアタイプもあったりして、工事現場のローカルの若者の間でも人気がありましたね。
でも燃費は悪いし、荷台を活用するチャンスは殆どないし、やっぱりデカすぎ。

前から思っていたのですが、日本のメーカーでアメリカしか売っていないタイプがあります。特にクーペがそうですね。バブルのころ、逆輸入でアコードクーペが日本で売られていましたが、いつの間にか消えてしまいました。

アメリカホンダのサイトを見ると、相変わらずスタイリッシュなクーペが売られています。
これは、アコード。




こっちはシビック。




エコカーや軽もいいですが、手ごろでカッコイイクルマも日本では必要です。
どうせなら、これを機会に大々的に逆輸入してくれたらいいのですが。

(記事内の写真はネットからの借用です。)

2015.03.01_雨の日のアルファロメオ

03 /01 2015
「おー、アルファの155じゃん。なつかしー!!」

今日、奥さん(←ピンクのやつ)と長津田のショッピングセンターに行ったところ、屋上駐車場で真っ赤なアルファロメオを見つけました。


この車、当局的には好きな車の3本の指に入る車なのでした。(ランチア・ストラトス、ランチア・デルタ、そしてこのアルファの155。)

その理由は、1993年頃のドイツツーリングカー選手権(DTM)で圧倒的に強かったからです。(写真はネットから借用)


帰宅後、ホコリをかぶったDVDの中から1枚を発掘。カーグラTVのもので、ブログ用に切り出してみました。画像が汚いのは、VHSで録画して、Hi8にダビング、それをDVDに落としたものなので・・・。

当時、よく見ていたテレビ朝日のカーグラフィックTV。白いアルピニ懐かしい・・・。


番組では、WRC以外にDTMの取材も注力していました。


もともと、ドイツのカーレースだったので、エントリーもメルセデスや、BMW、オペルなどがほとんどでした。


そこへ突然アルファロメオが155で殴り込みをかけてきます。



メルセデスに対するライバル意識丸出しで、マークにアルファのヘビが巻き付いたオブジェを作ったり。(笑)


今までAMGメルセデスがトップだったのに、あっという間に上位をアルファロメオが独占してしまいます。


運転席のドアの上に白く並ぶ小さなヘビのマーク。


よく見ると、撃墜マークでメルセデスのマークをパクッと食べるイラストになっていて、流石イタリアって感じです。


一度は乗ってみたかった155。
当局の友人が中古で乗っているのですが、イタ車ゆえの故障に泣かされているとのことでした。


でも、この直線的なデザイン、憧れちゃうんですよね。

2015.02.12_本田技研がF1に戻ってくる?

02 /12 2015
「F1かあ、スクエアーのTRUTHが脳内再生されるね・・・。」

ホンダがF1に復帰すると新聞に載っていました。頑張ってほしいです。


1980年代の後半、空前のF1ブームがありました。


フジテレビでは、毎年F1中継。
オープニングのCGが年々リアルになっていき、デジタル技術の進化を実感したものでした。


マクラーレンホンダやウィリアムズホンダなど、ホンダのターボエンジンはめちゃめちゃ強くて、「もう、ターボは禁止ね!」とレギュレーションが変わるくらいすごいものでした。

ダウンフォースが強く、お腹をアスファルトに擦り、火花を散らしながら猛スピードで走り抜けるのを深夜のTVで眠い目をこすりながら観ていました。


スクーターでも優勝記念車が発売され、街でよく見かけました。(笑)


(本記事の写真は、全てネットからの借用です。)

2015.03..20追記
当時ケンウッドでは、マクラーレンの通信機器をサポートしていて、カタログにもF1マシンが登場していました。


こんなのも。


これはザ・テレビジョンのF1広告。


バブルの香りがしますね。(笑)

2015.01.28_トヨタがWRCに復帰する?

01 /28 2015
「トヨタがWRCに復帰するのか、ってWRCってまだやっていたんだ・・・。ヴィッツで出るの?アクアの方がカッコイイじゃん。」
 
今朝の朝刊に、トヨタがWRC(世界ラリー選手権)に復帰する記事が載っていました。使う車体はヤリス。日本名ヴィッツだそうです。あまりカッコよくないです。(写真はネットより借用)

 
トヨタでWRCといえばセリカでしょう。1990年代、緑と赤のカストロールカラーをまとったセリカはよく勝っていました。(写真はネットより借用)

 
フリラーとしては、映画「私をスキーに連れて行って」に出てきた先代のセリカですね。(笑)。(写真はネットより借用)

 
当局的にはセリカよりランチア デルタ インテグラーレがお気に入り。(写真はネットより借用)

 
 
16バルブは高かったので8バルブを無理して購入。(写真はネットより借用)

 
突然止まったり、エアコンが全然効かないなど大変でしたが、おかげで一番印象に残っている車です。

 
よく見るとダッシュボードの左わきにケンウッドTH-78が見えます。無線運用はほとんどせず、エアバンドを聞いていました。

 
この手のクルマ、またいつか乗りたいですが、当分先のようです。
 

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)