FC2ブログ

2018.12.16_韓国出張で中波ワッチ

海外遠征
12 /16 2018
「妨害電波を聞いているとこの国の特殊事情がよく見えてくるなあ。」

韓国に来ています。



夕方の便だったので食事が出てラッキー。



映画はハン・ソロをフライト時間ギリギリで見終わりました。

金浦空港にあるロッテホテルが宿。
持参したソニーの通勤ラジオで窓際からワッチ。



部屋の照明を消すと結構入感します。



平壌放送にはバルタン星人の様なエコーがかかった妨害電波がかけられています。


チョソンの声にはかけられていないところが不思議です。
スポンサーサイト



2017.12.10_中国四川省眉山市で中波流し聴き

海外遠征
12 /10 2017
「なんだよ、日本語全然聞こえないじゃん・・・。」

当局が海外出張した際、ホテルで何をするかといえば、中波の流し聴きです。

日本との位置関係はこんな感じ。


さすが中国。聞こえてくるのは、ほとんどが中国語でした。
録音は各周波数3秒程度、動画作成時には周波数を入れてみました。

2017.12.09_中国眉山市から帰ってきた

海外遠征
12 /09 2017
「海外旅行って、見るもの全てが珍しくて、ついつい写真を撮っちゃうんだよね・・・。」

眉山市から帰ってきました。
いやー、中国発展していますね。田舎の街がこんな風なら北京なんてすごいんでしょうね。

高速道路からの風景。基本的に戸建ての住宅はレンガ積みのようです。解体は簡単、すぐにがれきの山になりそうです。


眉山市は漬物、果物で有名な町。漬物用の野菜畑が広がります。


オレンジの果樹園。日本の梨やリンゴみたいに紙のカバーがかけられています。


こちらはぶどう棚。ワインなんかも作られています。


ガソリンスタンドは日本と同じ。


街に入ると、車とバイクがいっぱい。相変わらずフォルクスワーゲンが多いですが、日本車も想像以上に走っていました。


バイクの女性は防寒着としてドテラのようなものを体の前面に着ている人が多いです。


幼稚園や小学生のスクールバスはアメリカ同様に黄色い色。


日本の軽自動車より幅が狭い、マイクロカーもよく見かけました。日本の軽は大きすぎです。


もっと小さいウルトラマイクロカーも多かったですね。


驚いたのは、自動車運搬用のカーキャリアの車体の長さ。交差点曲がれないんでは??


町の建物は、まあ普通ですね。今回は残念ながらお店巡りは出来ませんでした。


至る所で高層マンションを建設中。


建設用の足場は、相変わらず竹のようです。




シンガポールもそうでしたが、皆さんマンション住まいが多いようです。


マンションを細かく見ていると、窓が無い部分が。ここの部分は空家かこれから内装する部屋ですね。中国では建物を建てる会社と内装をする会社で棲み分けされていると聞いたことがあります。


食事は四川料理。麻婆豆腐の故郷ですから、辛いのなんの。でも、日本人の味覚に合いますね。汗をかきながら美味しくいただきました。




2泊3日の出張もあっという間にお終い。眉山市から1時間半かけて成都に戻り、帰りはANAの767で。「さようなら~。」


高層マンション群。


中国新幹線の線路も見えますね。


場所は不明ですが、背骨のようにまっすぐそびえる山地が広大な大陸を思わせてくれます。


高速ですれ違った、ジャンボ。


というわけで、良い経験になりました。

2017.12.07_中国の眉山市で中波を聴く?

海外遠征
12 /07 2017

「横浜より暖かいじゃん。ちょっと拍子抜け。」

仕事で四川省眉山市に来ています。



成田空港から四川省成都まで。
エアーチャイナのエアバスの小さな飛行機。海外出張でプライベートモニター無しは久しぶりです。おかげさまで5時間半以上のフライトは暇でした。(笑)


食事はこんな感じ。


四川省の成都空港は中国の西の中心地とあってデカイです。








そこから車で1時間30分程で眉山市に到着。漬物とか果物が有名らしいです。
高速道路から見える景色はのんびりしたもの。


料金所は、中国の歴史を感じさせてくれます。もちろんETC。


街中は高層マンションが乱立。


夜は中波ワッチ。残念ながら日本の放送局は聞こえませんでした。


中波の全チャンネルを10秒刻みで録音しました。

土曜まで滞在予定です。

2016.02.21_インドネシア現地録音集

海外遠征
02 /21 2016
「エルエルイーって、インドネシア語でRRIのこと。実は録音した後に知ったんだよね。(笑)」

現地録音第二弾です。

少し古いですが、2014年CMで滞在中に適当に録音したものから切り出した音声です。ホテルの室内での受信ゆえ、きれいに録れていません。音楽がインドネシアらしくて結構好きです。

最近ではネットでも聞けるようです

2016.02.20_バンコク中波連続録音

海外遠征
02 /20 2016
「タイ語しか聞こえないじゃん。日本みたいに近隣諸国の放送は何で聞こえないのかな?」

バンコク出張した際に、ホテルのバルコニーから録音したものです。

本来は、ID・ISを収録すべきなのでしょうが、時間も情報もないため、「バンコクで中波を聞いたらこんな感じ」と言う参考として、中波の下から上の周波数まで、連続受信音を収録しました。(DXerの方々からみたら、超いい加減に映るかもしれませんが、なにぶん仕事での出張なので。)

今では、ストリーミングで各放送局を聞くことが出来ますが、各局の入感強さやローカル局が使っていない周波数の受信音などはストリーミングでは聞けないので、こういう録音もいいかなと。(笑)

ベトナム語やマレー語、インドやインドネシアの音楽などが聞こえてきても良さそうなのですが、それらしき局はキャッチできませんでした。

音がぶちブチ切れているのは、周波数を1kHz上げると一瞬音が途切れるPL-310の特性ですのでご了承ください。

2016.02.19_空港の職員用フードコートに行ってみた?

海外遠征
02 /19 2016
「ここの値段って、ターミナル内の旅行客用レストランの1/3じゃん!」

やっと出張もおしまいです。
ANAでスワンナプーム国際空港から羽田に向かいます。

出国前にちょっとローカルフードが食べたくなり、知る人ぞ知る職員用のフードコートに行ってみました。
ターミナルビルの一番端っこにあり、普通のお客さんなら絶対気づかない場所です。


中に入ると、日本のららぽーとのようなフードコートがありました。


まず、入口近くのカウンターで金券(100バーツ)を買います。
「カオマンガイ(チキンライス)を食べてみたいなあ。」

ということで、鶏肉がぶら下がっているお店に直行。


50バーツ(150円)でした。

これが、カオマンガイ。蒸した鶏肉と鶏のゆで汁で炊いたご飯の組み合わせ。シンガポールではチキンライスという名のローカルフードとして有名です。


脇にあるゼリーみたいなのは、ルアッガイ。鶏の血を固めたものでレバーではありません。恐る恐る食べてみましたが、味はあまりしませんでした。

というわけで、バンコクお世話になりました。

2016.02.19_タイの昼食事情って?

海外遠征
02 /19 2016

「昼食を自分の机でマイ丼ぶりで食べるのって不思議な光景だなあ」

ここ数日、オフィスでローカルスタッフの昼食が気になっていました。至るところでカチャカチャとスプーンの音が。よく見ると丼ぶりやタッパーに入ったご飯ものを食べています。

同僚に聞くと、出勤時に屋台で買ってくるそうで、ご飯はスチロールケースではなく、ビニール袋に入れられるので、昼食時は自分の丼ぶりに移して食べるのだそうです。

確かにビニール袋を持って出勤する姿が多いです。



こちらも。



今日は、日本に帰国の日なので、朝1時間余裕がありホテルの近くを散策、屋台の状況をチェックしてきました。

ここは朝ごはんを売っているお店。



ご飯に野菜炒めをのせたお弁当屋さん。おばさんも大忙し。



地元高校の前に並ぶ屋台。女子高生もここで買うんですね。(笑)



炒め物だけでなく、焼き物や揚げ物もありました。



タイでは屋台は無くてはならない存在のようですね。


2016.02.18_屋台の3倍高いコンビニ弁当

海外遠征
02 /19 2016

「こういうのを見ると日本に近づいているのが見て取れるなあ~」

今日はバンコクから東に車で1時間ほどの街に行きました。お昼のレストランで見つけた小便器。なんとか届きましたが、高すぎでしょう!ギリギリでした。(笑)



子供はどうするのでしょうね。

夜の帰りにセブンイレブンに寄って食文化をチェック。
お弁当などが、ご飯系からサンドイッチ、ハンバーガー、エクレアなどのスイーツまでそこそこ充実。



すべてのパッケージにセブンイレブンのマークが。



お値段は高いですが若者がよく買っていました。急速に日本のレベルに近づいているように思えました。

2016.02.17_タイ語は不思議。

海外遠征
02 /18 2016

「これは読めないし、絶対かけないなあ。」

今日の昼飯は会社のキャンティーン(食堂)で初めてご飯ものを頼んでみました。ご飯に好きなおかずを3品選んで載せてもらって40バーツ。120円位。そこそこ美味かったです。



夜は、タイスキの後、定番のカラオケ。



お姉さんの歌ノート見せてもらいました。



タイ語ですが、これを読むと日本語の歌になります。彼女たちも日本の歌が歌えるように日頃から努力しているのです。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)