FC2ブログ

2014.03.18_中波サーベイの結果

海外遠征
03 /22 2014
「アメリカの中波局って、夜間の混信を避けるために送信出力を下げるのね、知らなかった・・・。」
 
シアトルから帰国しました。帰りはジェット気流が向かい風となるため、行きより長い10時間のフライト。さすがに疲れます。
 
それでもって早速、3/18の夜にホテルで受信した局を整理しました。
IDを確認したわけではないですが、他の州の局でIDが確認できたものは局名を記しました。ネットでも聞くことが出来ますが、TP(トランスパシフィック:太平洋を越えてくる中波受信のこと)で受信したいものです。
 
局名 周波数 出力 夜出力 州 都市
     540 WA以外の局             
KARI 550 5 2.5 WA Blaine
KPQ 560 5 5 WA Wenatchee
KVI 570 5 5 WA Seattle
KIDQ 580 5 5 ID Nampa
KQNT 590 5 5 WA Spokane
KONA 610 5 5 WA Kennewick-Richland-Pasco
          620 WA以外の局
KCIS 630 5 2.5 WA Edmonds
KAPS 660 10 1 WA Mount Vernon
KOMW 680 5 5 WA Omak              
     690 WA以外の局
KIRO 710 50 50 WA Seattle
     750 WA以外の局
KTTH 770 50 5 WA Seattle
     780 WA以外の局
KJRB 790 5 3.8 WA Spokane
     800 WA以外の局
KTBI 810 50 50 WA Ephrata
KGNW 820 50 5 WA Burien-Seattle
KHHO 850 10 1 WA Tacoma
KIXI 880 50 10 WA Mercer Island-Seattle
KJR 950 50 50 WA Seattle
KOMO 1000 50 50 WA Seattle
KDYK 1020 4 0.4 WA Union Gap
KBLE 1050 5 0.44 WA Seattle
KPTK 1090 50 50 WA Seattle
     1160 WA以外の局
     1200 WA以外の局
KMIA 1210 27.5 10 WA Auburn-Federal Way
     1220 WA以外の局
KKDZ 1250 5 5 WA Seattle
     1260 WA以外の局
KIT 1280 5 1 WA Yakima
     1290 WA以外の局
KKOL 1300 50 47 WASeattle
KZXR 1310 5 0.06 WA Prosser
KMBI 1330 5 5 WA Spokane
KKMO 1360 5 5 WA Tacoma
KBSN 1470 5 1 WA Moses Lake
KGA 1510 50 15 WA Spokane
KKXA 1520 20 50 WA Snohomish
KFBK 1530 50 50 CA Sacramento
KXPA 1540 5 5 WA Bellevue
KKOV 1550 50 12 WA Vancouver
     1580 WA以外の局
KLFE 1590 5 5 WA Seattle
KYIZ 1620 10 1 WA Renton
 
リストの中の1000KHzのKOMO(コモ)ラジオ。

 
この局、TVもやっていて、スペースニードルのすぐ脇にあります。

 
日本でも報道されたかもしれませんが、18日に局舎のヘリポートを離陸直後に墜落する事故が発生し、パイロットとカメラマンが死亡するなど大騒ぎになっていました。

 
自分の局舎の目の前の事故だったので、事故直後の映像なども流されていました。

 
 

 
今日の朝、スペースニードルに行ったのですが、KOMOの局舎もすぐに見つかりました。写真右上の屋上の丸いところがヘリポートです。

 
ヘリコプター事故現場もスペースニードルのすぐ足元。献花がされていました。

 
当局家族も、その前で合掌。
 
多くの観光客やメイン道路があるところで、ヘリポートがあるのはいかがなものかと見直しが図られることになるようです。
 
 

2014.03.21_さよならシアトル

海外遠征
03 /22 2014
もうすぐ搭乗です。朝は、マック、セブンイレブン、スペースニードルに行ってきました。


 


スペースニードルは、UFOのような展望室が特徴です。


飛行場までのフリーウェイでは、日系の方々から「タコマ富士」の愛称で呼ばれたマウントレーニアを拝むことが出来ました。

 
この山、富士山より高い4千メートル級の山で、日本のコーヒー製品のマークにも使われていますね。実はここの山なんです。

 
お世話になったレンタカーともお別れです。

 
シアトル・タコマ空港(通称シータック)には、日本でお目にかかれないアラスカ航空やサウスウエスト航空がたくさん見ることが出来ます。

 

 
最後にハンバーガー食べようかと悩んでいるうちに搭乗となりました。


「せっかく持ってきたのに出番が少なかったね。でもシアトルまた来たいなあ。」


2014.03.20_快晴のシアトルで運転の練習?

海外遠征
03 /21 2014
「コンコルドって中は狭いのね。」

シアトル3日目。今日の天気も雨時々晴れ。

 
シアトルの天気は一年を通して短い夏以外は雨が多いのが特徴です。だから自殺率も高いとのこと。
 
朝は、ホテルの近所のスタバで朝食。ショートラテとホットサンドをオーダーしましたが、ラテのサイズは、日本のトールサイズより一回り大きなサイズもあるようです。

今日の最初の訪問先は、シアトルの南にあるボーイングフィールドの一角にある航空博物館です。


シアトルは、飛行機製造で有名なボーイングの創業地でもあるのです。

博物館にはライト兄弟から宇宙開発までの様々なアイテムが展示されています。


当局の琴線に触れたのはコンコルド。


確かイギリスとフランスの共同設計であまりにも騒音がひどく最高速度は海上でしか出せなかったと記憶しています。

子供の頃、プラモデル(確か日東?)で日本航空のデザイン(鶴丸)のを作ったことがあります。その実物が目の前に。くううー、感動です。

驚いたのは翼の大きさ。「デカ・・・。」


これでは飛行中に窓から地上は見えないでしょう。

そしてエンジン。四角い形は斬新です。


エンジンの排気口は戦闘機のよう。

 
中にはいると、「せま・・・。」廊下は、現代の旅客機より狭く、飛行中のトイレの移動が大変そうです。

 
写真ではあまりわかりませんね。あとコックピット。先端は着陸時に下に曲がるようになっているので、窓は二重になっていて、見づらいと思います。



展示物のなかにB-29のスケールモデルを発見。脇に原爆がさりげなく・・・。


「気を使わないアメリカ人らしいね。(あきれ顔 byピンクのやつ)」

飛行機三昧のあとは、これまた名物のフローティングブリッジに向かいます。

これは橋をかける代わりに浮き桟橋のようにしたハイウェイのこと。



走行中は浮いている感じは全くしません。(当たり前か)

その後、一般的な住宅地(一戸建て、平屋、前に芝生、ポストとゴミ箱が並んでいるといった典型的なあれです)を走ります。

「お土産買いたいから、このお店に行ってよ。」奥さん(ピンクのやつ)からのリクエストが。「仕方ないなあ。こっちは慣れない運転でドキドキものなのに・・・。」

そのお店、ダウンタウンの外れにあるのですが、マヌケなカーナビと一方通行規制のお陰で、なかなか着けません。「あー、これバス専用レーンじゃん。」後ろからバスがどけとクラクションも(涙)。「後ろから路面電車も迫ってくるよー。」おかげさまで、予定外の運転練習となりました。

やっとお店が見つかり、有料駐車場は高いので路肩に止めて当局は車で留守番。30分ほどで買い物から帰還。「一体いくらのお土産を買ってきたんだよ?」「えっ・・・、99セントのエコバックをいくつか・・・。(ぼそっ)」「これだよ、有料駐車場に入れなくてよかった。(心のつぶやき)」

夕食は、今晩もシーフードレストランへ。トムハンクスとメグライアンの「めぐり逢えたら」のロケで使われた所。当局はサーモンバーガーを注文。


「ねえねえ、有名なポップコーンのお店の本店でお土産買いたいんだけど、ゆっくり食べてると閉まっちゃうんだけど・・・。」

「は?別にいいじゃん。その店、東京にもあるんでしょ。」「ここで買うのがいいの、ポップコーン、ポップコーン・・・(以下省略)」「この人、脳ミソ弾けてるよ、全く・・・。」

まあなんとか閉店までに間に合いました。


明日は、お昼の便で帰国です。やり残したことは、子供たちからのリクエスト「マックにいくこと。」朝イチで頑張ってみます。

2014.03.19_シアトルでFMヨコハマは聴けるのか?

海外遠征
03 /20 2014
「海外で聴くラジオはNHKラジオジャパンという時代は終わったのね・・・。」

「おいおい、いつからお気楽旅ブログになったんだよ!」という声が聞こえてきそうなので、ラジオの話題を。

結論から言うと、Razikoで聴けます。



Radikoでは聴けません。
FMヨコハマの番組、ブリーズがスマホから流れてきた時は、一気に日本に連れ戻された感じがしました。

ストリーミングで海外の放送を聴くのは初めてではありませんが、異国で日常の局を聴く印象がこんなにも違うと思いませんでした。

嬉しくなって番組にメールを送ってしまいました。

2014.03.19_17年ぶりの思い出の街

海外遠征
03 /20 2014
「きゃーっ、見てみて、懐かしいー。あのガソリンスタンドでいつも給油してたんだよ!(←ピンクのやつ)」

シアトル2日目。朝は、ダウンタウンの小粋なレストランでオムレツ&カリカリベーコンサンドでのんびり朝食。(ポテト、多すぎ)


その後、スタバへ。シアトルでは、300m毎にお店があると思うほど、どこにでも見かけます。というのも、スタバはシアトルが発祥の地。

当局が住んでいた1997年当時、日本にはないラテの旨さに家族で頻繁に飲んでいました。当時2歳だった娘もラテの味が染み付いていて、今でもコーヒーは砂糖を入れたがりません。でもまさか、日本に上陸してこんなに浸透するとは当時は夢にも思いませんでした。

そして今回訪れたのがスタバ1号店。

 
現在の緑の看板と異なり、創業当時のままの茶色い看板。
 


中はカウンターがあるだけ。それでも、観光客が絶えません。

 
1号店の証の金のプレート。


その足で、シアトル最大の観光名所「パイクプレイス」へ。


ここはシーフードの市場。威勢のいいお兄さん魚を売りさばきます。

その後、フリーウェイで南に1時間程の当時住んでいた小さな街に向かいます。今回の旅の目的は、娘にその街を見せてあげること。

街に着くと、随分開発が進んでいて、ちょっとびっくり。昔、アパートの前で撮影した写真と同じアングルで「はい、チーズ。」


そして地元のスーパーをウロウロ。巨大な牛乳パックや肉類、日本で見慣れたお菓子などの元祖など、興味津々で1時間以上見ていました。

ドライブ中には、マックをはじめとするファーストフード店に目がいきます。「セブンイレブンってアメリカにもあるんだ、すごーい!」「・・・アメリカから来たんですけど・・・。」

昼食はモールのフードコート。子供たちに一人で注文させました。学校の英語と生活に必要な英語の違いを実感していました。当局は中華をセレクト。味は、うーん、まあこんなもんでしょ。

車の運転もだいぶ慣れて来ましたが、フリーウェイのジャンクションで違う方向へ行ってしまったり。でも無料なのでまた乗ればよいのには助かります。逆に困ったのはレンタカーのカーナビ。画面は小さいは、入力はしづらいはで、「やっぱり日本のが一番だよね。」


天気も晴れたり曇ったり。シアトルに戻ります。ダウンタウンの高層ビル群がこんな感じで見えてきます。

 
当局としてはこの風景を見ると銀河鉄道999のメトロポリタンを思い出してしまいます。
 
夕方、ダウンタウンを散歩中にほぼ満開の桜を発見!


「10℃位しかないのに何で咲くのかな?」


高緯度なので19:00になっても空は明るく、なんだか変な感じです。


夕食は海辺のシーフードレストランでクラムチャウダーなどを楽しみました。


ちょっと冒険してスモークサーモンチャウダーを注文。見た目はサーモンピンクですがおいしかったです。


今回行ったモールのなかに、ラジオシャックのお店がありました。その昔、BCLブームの時にBCLラジオを発売していた会社です。「ラジオなんか有るのかな?」ほとんどスマホ関係の陳列でちょっと寂しい気持ちになりました。

2014.03.18_シアトルで中波サーベイ

海外遠征
03 /19 2014
「15年ぶりのシアトルは携帯以外は変わっていないね。」

休暇を利用してワシントン州シアトルに家族4人できています。


飛行機で8時間の旅。日本を18日の18:00に出発したのに現地到着は同日の10:00。疲れと睡魔でボーッとなっています。おまけに10℃と肌寒い。

空港でレンタカーを借りて、いざ運転すると左ハンドル、右車線に慣れずに、ウインカーとワイパーを間違えたり。15年前は現地の免許も取得して2年ほど運転していたのですが、もうすっかり感覚を忘れています。

英会話も聞き取れないし、しどろもどろ。

ホテルで仮眠したのち、ダウンタウンに繰り出します。


バスは、連結タイプが主流。ハイブリッドもありますが、トロリータイプがいいですね。昔は横浜でも走っていましたっけ。

 

 
子供たちはダウンタウンの風景に興味津々。我々夫婦は、「懐かしい」の連呼。

夕食は、ハンバーガー。

 
あと、ピザも注文。アメリカのピザは、結構いけるんです。

 
当局は地ビールでを満喫。


アメリカのビールはバドワイザーのような水っぽいビールのイメージがありますが、こくのある地ビールが数多くあり、これがうまいんです。

ホテルに帰ると、持ってきたPL-310で中波サーベイ。


ワシントン州郊外の局の入感具合を知ることができてよかったです。 

2014.02.06_「ドコモ海外1dayパケ」を使ってみた。

海外遠征
02 /06 2014
「海外からブログの更新できないかなあ・・・。」
 
今回の出張で、携帯からのネット通信にチャレンジしてみました。

 
海外出張の場合、会社のパソコンは持ち歩かないし、会社の携帯も持っていません。個人の携帯は、高額請求が怖いのでデータ通信はオフのまま過ごしていました。
 
ホテルもフリーWiFiではなく、有料(約¥1300/日)。それなら携帯で使えるようにした方が、外出時にもネット検索できるので、成田空港のドコモショップで相談してみました。
 
すると、ドコモでは、
①「海外1dayパケ」 → 安いけど30MBまでね。(¥980/日)
②「海外パケ・ホウダイ」 → 使い放題だけど高いよ。(上限¥2,980/日)
の2種類のサービスがあることがわかりました。

 
どうせブログの更新が目的なので、①「海外1dayパケ」を選択。好きな時間から始められるのも魅力です。

 
でも一日30MBってどれくらい??ドコモのパンフには、以下の説明が・・・。

 
「本当かいな?」。でもって、実際使ってみました。結論としては、
 
・写真(640x480 172KB)1枚添付したブログを更新すると、3.5MB消費する。
・GPSを使って地図検索すると、あっという間に10MB消費する。
・HPの閲覧は、時間によりけり。
・会社のメールのチェックもしてみましたが、5分くらいで1.5MBくらいの消費。
 
といった感じでした。地図を使った行為は避けた方がよさそうです。
 
なお、専用アプリで現在の消費量を常に問い合わせできるし、10MB、20MBを超えると、「10MB超えたよん。」とSMS(メッセージ)が自動的に送られてくるので、使い過ぎに注意することが出来て便利でした。
 
帰国してからブログ更新するより、タイムリーにできるので当局としては、使ってよかったサービスでした。
 
ちなみに、近所のダンキンドーナッツがフリーインターネットスポットになっており、入ってWiFi接続にもチャレンジしてみました。(日本では、公共エリアでのWiFiって使ったことがないので・・・。)

 
アクセスコードが必要なようで、店員のお姉さんに尋ねると、レシートに印字されていると教えてくれました。(一番下の「WF」の文字がパスワード。)

 
それを入力すると、無事接続され、ネットも閲覧できました。
 
ネットの地図や情報検索をしながら観光する場合は、30MBはあっという間と思われます。その場合は「海外パケ・ホウダイ」 がお勧めでしょう。今回のように、日中は仕事でホテルでちんまりブログ更新程度なら「海外1dayパケ」 で充分でしょう。
 
 

2014.02.06_インドネシア中波ワッチの結果

海外遠征
02 /06 2014
「ワイシャツ一枚じゃあ、寒すぎだあ~。」
 
帰国しました。房総半島沖に近づくと、空がだんだん明るくなってくるのですが、こちらは寝不足状態。

 
飛行機降りたら「寒っ!!!」。背広とコートをスーツケースの中に入れたことを大後悔・・・。
 
今日は、会社が休みなので家に直帰。ベランダには少し雪が残っていました。(雪が降ったの知りませんでした。)
 
というわけで、ジャカルタでワッチした中波局をまとめてみます。お気楽サーベイ(←死語?)なのでIDはとっていません。

 
受信場所:ジャカルタのホテル15階窓際
受信日時:2014.02.03、17:00~
受信機:TECSUN PL-310
アンテナ:内蔵バーアンテナ
以下、入感した周波数と局名はジャカルタ局のみ
 
531KHz
549KHz
576KHz
594KHz R. Sekuntum Bunga Yonina(SBY), Jakarta
612KHz
630KHz R. Samhan, Jakarta
648KHz R. Rahmat Emmanuel Ministries(REM), Jakarta
666KHz
694KHz
720KHz
738KHz
756KHz
792KHz R. As Syafiiyah, Jakarta
828KHz R. Berita Klasik(RBK), Jakarta
855KHz
900KHz R. Sindajaya, Jakarta
918KHz
936KHz R. Puspa Dwi Swara Cipta(P2SC), Jakarta
972KHz
999KHz RRI Jakarta3
1062KHz R. Cendrawasih Pusat, Jakarta
1116KHz
1134KHz R. Swara Mega Asri(r. Safari), Jakarta
1152KHz R. Musik Asik Nusantara(R. Muara), Jakarta
1206KHz
1233KHz
1242KHz
1260KHz
1296KHz
1332KHz RRI Jakarta4
1359KHz
1440KHz
1530KHz R. Islam Sabili(R.I.S., Radio Dakta), Jakarta
 
あらかじめ、WRTHのコピーを持参したのですが、内容が理解できないのであまり役立ちませんでした。

ヨコハマAA815

小学校高学年から家のラジカセでの海外放送聴取(BCL)に始まり、アマチュア無線、フリーライセンス無線と電波に関する趣味を細々と続けてきました。特に最近は、週末に近所の高台から小さな出力でフリーライセンス無線の仲間との交信を楽しんでいます。(雨の日など運用できない日は「はまっこ海軍工廠」で建艦作業をしています。)